貧乏豆買い夢の万舟大作戦

連載
ナカキンのボートレース体験記

みなさまどうも。晴れて3回目のコラムになりましたよ、6号艇ナカキンです。

ナナテイが始動して早くも3週間、着々といろんな方に認知されてきて盛り上がってきていますね。他のコラムからは明らかに見劣りしている感もありますが、徐々に面白いコラムが書けるように頑張っていこうと思います。

ボートレースで一番多い決まり手は逃げ。1号艇がそのまま1着を取ることをイン逃げと言います。そんな綺麗なイン逃げのようなコラムになればと思っております。今回もよろしくお願いします!

 

今回は初心者の方なら誰しもつまづく舟券の点数について、書こうと思います。大別して舟券の買い方には2種類あると思っていまして。

①少ない点数で大きい金額を買う

②少ない金額で広く買う

この2パターンのどちらかです。舟券を買うのが上手い人はここのバランスが非常に上手いです。固いレースを2点買いなんかでガツっと賭ける。荒れそうなレースは広く安く買う。

これを自分の予想で見出した買い目と照らし合わせて、当てていく。こんなことができるのは正直中級者以上。僕もまだまだ駆け出しの初心者ですからここのバランス感覚がないせいで、負けてしまいます。

そして根本的な問題として。

「お金がない。」

そう、少ない点数をガツっと賭けられる資金がありません。加えてそんな勇気もない。

そんな負け組の僕が編み出した解決策、もはや最高と呼べる作戦を今日はご紹介しましょう。

その作戦とは・・・。

これです。豆買いっていうのは100円、200円でちびちびと買うこと。1点1000円未満は豆買いと言っていいと思います。ではこの作戦、どんな内容なのか。

読んで字のごとくですが、少ない資金で豆買いをして、万舟を当てようっていう作戦です。

はい。では具体的に。

まず、買う点数を固定します。僕は8点買うようにしています。理由としては、以前コラムで紹介した”トリガミ”が少なくなります。

ボートレースの配当で一番安くオッズがついているものでもだいたい10倍はつきます。

もちろん5倍や6倍の場合もありますが、そういうレースは除外すると、普通のレースで8倍を切ることはそうありません。つまり8点買いは”トリガミ”をしないギリギリのラインだということです。ではどのように8点買うのか、実際に僕がこの作戦を炸裂させたレースを元に解説していこうと思います。

6/29 丸亀ボートレース G3第6回ウエスタンヤング3日目 7R

僕がこの作戦を使う時にはいくつか条件がありまして。

①1号艇に強い選手(=A1級の選手)がいないこと

②外枠(=4,5,6号艇)に強い選手がいること

③6日間開催なら4日目以内であること

①②を満たすことで、1号艇がイン逃げしない可能性があがり荒れる可能性がぐんと高まります。そして③は4日目以内であれば予選中なので、各選手予選突破する為に少々無理をしてでも着をあげるように頑張ります。これはあくまで個人的な意見ですが。。

この条件をピタリと満たしていたのがこのレースでした。では8点どのように買ったのか。

僕の予想では、まず1号艇と3号艇の選手はB1級である為に1着に来ることはないと考えました。そして両者ともスタートが遅い為に、隣の2号艇の選手もしくは4号艇の選手が突き抜けると考えました。そして2号艇の選手よりも4号艇の選手が勝率も高く、モーターも良いということで4号艇の浜先選手を主軸に買うことにしました。買い目がこちら。

結構買っているように見えますが、意外にもこれで8点なんです。

いざレースへ。

スタートして、一番大事な1周の1マーク。

予想通り2,4号艇が突き抜けそうな展開に。これは期待。

綺麗に4号艇の選手が突き抜けてきました。そして後についてくるのは1,2,6号艇。6号艇が来なければ当たります!!その後の2周1マーク。

注目していた2号艇の選手が後続争いから1歩リード!

3着6だったら買っていないのでここは1号艇が3着にきて欲しいところ。

そして結果は。

見事に4-2-1。予想がバッチリとハマった上に高配当が期待できます。

なんと2万舟!!800円が21,650円になりました!!

これぞまさに「貧乏豆買い夢の万舟大作戦」。お分かりいただけましたでしょうか。

前述した①〜③の条件を満たしたレースを見つけ、8点買いをするだけでいいんです。まぁこんなにうまくいくことも珍しいのですがこの作戦で一番大事なことは。

「ブレずに買い続けること」

これに尽きます。このレースは荒れそうだからもうちょっと点数買いたい。気持ちは多いにわかりますが、このブレが一番いけません。そして外れても外れても買い続けるといつかは当たりますから。

ぜひ皆さんもこの作戦、舟券を買うときの参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後にそんな僕の7月の月間終始載せておきます。

-43,090円

大丈夫です、いつか当たりますから。そう信じて明日も明後日もボートレースやっていきたいと思います。

 

それではみなさまさようなら、次のコラムでお会いしましょう。

次回は福岡ボートレース場の美人受付について研究したコラムをあげようと思います。では。

 

 

著者プロフィール画像
ナカキン

元うちいく.TVで現在所属先不明の野生人。パチンコ・パチスロはもちろんのことボートレースも大好き。直近で、30レースほどまともに当ててないヒキの無さは折り紙つき。

人気記事

TERU #6

TERU #5

やとわれ編集長 岡井のボート事件簿 FILE22 必殺走法炸裂!?事件

念願のボートレース福岡へ ペラジェンヌってなんだ?【前編】

めおと舟 その18『妻、人生初のボートレース場へ(2)』

TERU #2