やとわれ編集長 岡井のボート事件簿 FILE11 厳格養成所脱走事件

連載
やとわれ編集長 岡井のボート事件簿

【FILE11 厳格養成所脱走事件】

ボートレーサーになるには養成所に入る必要があります。

その養成所自体にも様々な歴史がありますが、現在福岡県柳川市にあるボートレーサー養成所でも伝統的に非常に厳格な教育が行われることが知られています。実際レーサーの方々の話でも口をそろえて「養成所は厳しかった」と話されており、選手、ファンの間でも共通認識となっています。

ボートレーサー養成所のサイトに、その教育方針も記されています。その一部を紹介させていただくと以下のようなものです。

 

・不撓不屈の精神を涵養し、礼と節を重んじる人格者を育成する

・公正と安全を尊び、業界の発展に尽くす業界人を育成する

誇りと使命感を持って、社会の発展に貢献する人材に育成する

 

とにかく厳格な雰囲気は伝わるかと思います。

私なんてそもそも涵養(かんよう)の読み方がわかりませんでした。上記のサイトでは「養成所の一日」や「年間行事」なんかも公開されているので、その一旦に触れるためにも初心者の方は一度チェックしてみると良いと思います。朝6時起床して素早く身支度の後点呼や、スマホ等の通信機持ち込み禁止等、私なら秒で脱走しそうです。こうした厳しさがあるからこそ現在のボートレースが成立しているわけですね。

 

……望んで入った養成所とはいえ、それほど厳しい場所ならば脱走する人がいてもおかしくないのでは? そう考える人は私だけではないはずです。そして実際おかしくなかったみたいです。

 

脱走するとどうなるの?

結論からいうと脱走すると退所処分です。養成所ではプロボートレーサーとしての精神を育むことも目的としているので、研修カリキュラムに根を上げるようではその資格なしといったところでしょう。

脱走とまではいかずとも、無断外出で処分された例は過去にもあります。詳細が不明なケースもあるのですが、年に数回の外出日の期限を過ぎても戻らない、研修時間の合間に隙を見て外に出る等は故意であるなしに関わらず脱走と同罪とみなされます。実家に帰省してちょっとゆっくりしすぎたなぁ、などとノホホンとしていたら即刻クビになってしまいます。

さらにとある時期の養成所では脱走がらみの集団退所事件も起きました。遊びたい盛りの若い生徒たちが、コンビニも行けない、スマホも禁止となりストレスが頂点に達したのか、数名が共謀して養成所を抜け出したのです。

刑務所脱出を題材とした大ヒットドラマ『プリズンブレイク』では複数の人間の思惑が複雑に絡み合い、事前の綿密な計画のもとに脱走を試みました。彼等にそうした壮大な計画があったのかは不明ですが、とにかく無断外出であることは間違いありません。もしかしたら若い衝動にまかせた無断外出であり、ええい門限をやぶっちゃえと思春期女子のような気持ちであったのかもしれません。

もちろん養成所は刑務所ではありませんし、彼らは男子生徒だったので思春期女子でもありません。規律が厳しいとはいえ、彼らは閉じ込められているわけではありません。自ら退所を希望すれば堂々と外に出ることもできます(その場合もちろんボートレーサーにはなれませんが)。

 

実際のところ彼らはプリズンをブレイクするような気持ではなく、ちょっと外出してすぐ戻るつもりだったらしいのですが、そうは問屋がおろさないのがボートレーサー養成所。事件はすぐに発覚し、該当の生徒たちは退所処分となりました。

 

▲養成所ブレイクは重罪

 

この事件の該当生徒たちは厳しく処分されましたが、実はその後に更生したとみなされ再入学を許され、現在選手として活躍している方もいます。ただ現在ではこういった素行不良とみなされる行為をおこなった生徒の再入学は認められないそうです。養成所はより厳しくなっているのです。難攻不落の要塞のような厳しさですね。

 

操縦テクニックと心を鍛える養成所

再三言われていますが、ボートレーサー養成所はただ単に上手にボートを操縦できれば良いという教育はおこないません。プロとして安全に、そしてお客様あってのボートレースという精神を持つことを求められます、さらに昨今ではファンサービス要素も重視されているようです。

強い肉体と操縦テクニックを持ったボートレーサー。彼らはそれに加え、強い精神を持った人達なのです。

私は舟券がはずれた時には泣きわめいてその辺を転げまわる悪癖があるので、彼らを見習って少し精神を鍛えようと思います。

 

著者プロフィール画像
岡井モノ

やとわれ編集長。だいたいわかってない。 twitter→@shopping_owl

人気記事

めおと舟 その45『第一回!チキチキ!全レースぶち込み対決! 中編』

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

年間収支大公開! 今年の振り返りと来年の抱負を。

やとわれ編集長 岡井のボート事件簿 FILE46 報復!? ダンプ応酬事件

女子レーサーのトップオブトップ。大山千広選手激推し!

TERU #11