やとわれ編集長 岡井のボート事件簿 FILE15 恵まれ最高配当事件

連載
やとわれ編集長 岡井のボート事件簿

 

【FILE15 恵まれ最高配当事件】

ボートレースを嗜む者として皆が夢見る万舟(100円分の舟券の払い戻し額が10,000円になること)。ただ予想精度が優れていれば獲得できるものでもなく、その日の展開運もからむがゆえに難しく、だからこそ嬉しいものでもあります。そんな万舟券が稀に2万舟や3万舟になることもあり、そうなれば舟券購入者の興奮もかなりのものでしょう。

ボートをはじめたて、あるいはこれからはじめる方なら気になって調べたことがあるのではないでしょうか、ボートレースの最高配当額がどのくらいだったのかを。まぁ、これは事件というより記録ではありますが。

 

■最高配当の背景

ボートレースオフィシャルサイトにも記録されているので勿体ぶらずに書きますが、歴代の最高配当は¥682,760です。100円買えば68万円になるわけですね、ええ、1,000円で680万円ですよ。これを聞くともう真面目に働いてる場合じゃねえと思えますよね。ハゲ部長の目を盗んででも、女房を質に入れてでも舟券を買わにゃと思えますよ、ええ、ハゲ部長も女房もいないけど。

なぜこうまで高配当になったのか。ボートに限ったことではありませんが、こうしたレース競技のオッズというのは出場選手の人気や販売額で変動します。原則的には人気選手の配当は低く、不人気選手の配当は高くなります。あんまりな言い方ですが、誰も勝たないと思っている選手ほど当たった時の配当が大きくなるのです。めちゃくちゃ下手くそで態度も悪い選手とかがいれば1000倍とかのオッズがつくわけですね、そもそもそんな選手は出場できないでしょうけど。

 

▲ちょっとよくわからない金額が動いた徳山の奇跡

 

件の68万舟は2011年5月22日徳山の2Rで出ました。

1番人気は1号艇、次点が5号艇といった番組でしたが、レース開始時に早くも波乱が起きます。3号艇と5号艇がフライング、スタート時点で早くも4艇での争いとなってしまいます。とはいえこの時点では1番人気の1号艇が2番手につけており、直線でグングン伸びていました。これは1号艇がマクって決まりかと思われた2周目の1マーク、なんと引き波に飲まれた1号艇が転覆。圧倒的1番人気がまさかの転覆失格によりレースは混沌を極めます。わかりきったことですが転覆失格は払い戻しも無いため、1号艇に期待を寄せまくった観客からは悲鳴が上がりました。

結果的にレースは4-5-2で決着、3連単の24番人気で決まり手は「恵まれ」です。このレースでは大本命の1号艇が失格となり、結果的に不人気だった4号艇が1着となったためオッズが跳ね上がることとなりました。返還艇が無ければ200万舟もあったとすら言われていますが、そこは水物である勝負の世界、そうなると今度は4号艇が1着であったかはわからないため、フライングも含めた結果の産物だと私は思います。

ちなみに4号艇選手の名誉のためにことわっておきますが、別に下手くそでも態度が悪いわけでもありません。むしろ終始安定した良い走りをみせてくれました。

 

■恵まれ勝利の狙い方

決まり手の「恵まれ」はその数こそ少ないものの、数日単位では目にすることはあります。しかし配当が68万となれば話は別、場内ははちゃめちゃに沸きました。4号艇の選手自身も結果的に恵まれゴールとは言え、配当額が配当額なだけに驚いたことは間違いないでしょう。舟券を手にした人も、その周囲の人もざわめきが止まらなく、ときめきも止まらなく、ロマンティックも止まらなかったことでしょう。

私も万舟を手にした時は興奮がノンストップだったので、それが68倍になったら正気を保つ自信がありません。パンツを頭からかぶって叫びながら走り回るくらいのことはするかもしれません。

 

舟券の購入スタイルは人それぞれ。原則としては的中精度を重視する人が多いとは思いますが、時には大穴狙いでオッズの高いところを狙う人もいるでしょう。ただ冒頭でも書いた通り、万舟というのは予想精度のみで獲得できるものではありません。フライングや転覆といったアクシデントを含め、それを味方につける運も必要となります。

私の憶測ではありますが、高額配当を手にする人は狙って獲得するというよりかは棚ボタ的に転がり込んできた人がほとんどではないでしょうか。期待はしていないけれど応援している選手だから買った、洒落で高配当舟券を買ってみた、あるいは間違えて買ったなんて理由もあり得ると思います。いや、真面目に。

期待しないで投資した100円が68万円の世界。もし私がボートレース場で該当者の隣にいたなら、それがパンツを頭からかぶって叫びながら走り回って喜びを表す人であっても許そうと思います。なんなら私も一緒になって肩くらい抱いて叫ぶでしょう。そうしたら心が通い合った68万舟獲得者が10万円くらいくれるかもしれません。

ええそうです、これが私の「恵まれ」狙いです。

 

著者プロフィール画像
岡井モノ

やとわれ編集長。だいたいわかってない。 twitter→@shopping_owl

人気記事

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

めおと舟 その45『第一回!チキチキ!全レースぶち込み対決! 中編』

年間収支大公開! 今年の振り返りと来年の抱負を。

やとわれ編集長 岡井のボート事件簿 FILE46 報復!? ダンプ応酬事件

女子レーサーのトップオブトップ。大山千広選手激推し!

TERU #11