ナナテイオリジナル横断幕を作りたい!!!

連載
ナカキンのボートレース体験記


みんな今日もチルト上げてる? 今週もやってまいりました、月曜日のナカキンコラムのお時間です。

秋が深まり、間も無く年の瀬を迎えようとしている今日この頃。ボートレース界では、毒島選手の優勝で大いに盛り上がった児島のSGボートレースダービーが終わりました。毒島選手は先日のSGメモリアルに続く連続優勝、抜群の安定感ですよ。そしていよいよSGの最高峰、グランプリへの準備が着々と進められています。

僕個人として今年一年はナナテイの始動に伴い、ボートレースととても密に接した年でした。人生で初めてこうしてコラムも書かせていただいたりと新しいことにチャレンジさせてもらった年になりました。

ボートレースという観点で振り返ると、今年一年は”推し”の選手がたくさんできました。
以前のコラムにも書かせてもらったのですが、好きな選手を見つけ、舟券を買って応援すると今まで見えてこなかったことがたくさん見えてきます。その選手のプレースタイルや得意なコースなどなど、調べていくとさらに好きになっていき、気づけばボートレース全体への知識も深くなっていきます。

そうなってくると色々なことに興味が湧いてきます。今僕が一番ボートレースに対して興味があること、それは。

「選手の横断幕を作りたい!!!」

そう、作りたいんです横断幕。初心者の方にはピンとこないかも知れません。

 

こういうやつです。野球やサッカーの試合ではおなじみのこの横断幕、ボートレースでも掲げることができます。一般戦だとそこまで数はないのですが、SGなどの記念レースだとこんなにも掲げられています。


ここに自分の推しの選手の名前が入ったオリジナルのナナテイ横断幕を掲げてみたい、そう思った僕はどうやったら作れるのか調べてみることにしました。

 

ボートレース横断幕の規格について

この横断幕、一枚でも多く掲出するために統一の規格というものがあるようです。
こちらのサイトに詳しく書かれてありました。

                           (ボートレース公式サイトより引用)

縦2m以内で横は10m以内のようです。かなりデカイです。しかし規格について書かれていることはこのサイズくらいで、他には規定は特になさそうです。んー、どんなものを作ったら良いのかいまいちイメージが湧きません。

とりあえず競争太郎選手は「燃えろ」というキャッチフレーズのようで、スタート早めでイケイケの若手選手だろうという事はわかりました。

 

横断幕はどうやって作ればいいの?

まず縦2mで横10mの布なんてどこに売っているのかもわかりません。しかもそれにデザインをプリントするのですから、素人仕事じゃ厳しそう。布だけでも調達できないか調べてみました。
なんでも揃うよ、楽天市場でいざ検索。出てくる出てくる様々なデカイ布。しかも安いです。


1m単位で売ってくれるそうです。この布を買ってプリントできればもう完成なのですが、どうやってプリントすれば良いのでしょうか。これも調べてみると、布にプリントしてくれる代行業者もあるみたい。今ざっと試算しただけで、2万円くらいあれば一応形にはなりそうです。しかしここでふと疑問が。

「果たしてそんな手作りで作った横断幕を掲げられて、選手は嬉しいのだろうか…。」

こんなに手の込んだ横断幕が掲げられている中に、誰が作ったかもわからない激安の布で自分の名前が書かれて掲げられていたら…。選手を鼓舞するはずが、レースに支障をきたしてしまうかも知れません。ということで、一旦手作りは諦めることにしました。

やはりそれなりの専門業者に頼むのが良いだろうということで、こちらも調べてみるとかなり良い値段します。おそらくこういう横断幕は、その選手を好きな人たちで出資をして作っているのでしょう。僕が個人レベルで作るのはハードルが高そうです。すぐには出来そうにないので、横断幕作成は一つの目標にすることにしましょう。いつの日かナナテイの横断幕が場に掲げられることを夢見てこのサイトを育て上げていきたいものです。

デザインくらいは作ってみよう

調べてみると中々にハードルが高かった横断幕制作。とりあえずできることくらいはやっておいて、いつでも作れるようにしようということでデザインくらいは考えてみることに。
こういう元々形式が決まっているものは、流れに沿って大元を作りそこに自分なりのエッセンスを加えればオリジナリティが出て良いものになるはずです。

色々な横断幕を見て共通している所はこんな感じ。


・選手の名前、登録番号
・キャッチフレーズやその選手を表す言葉
・選手のイメージの背景色

これを踏まえてナカキンなりのイメージ画像を書いてみます。対象の選手は最近何度かお会いしてめちゃくちゃ応援している福岡支部の小池公生選手です。

 


こちら。だめだ、ダサい。「福岡の星!」、「目指せ!SG優勝!!」て…。何度か試行錯誤を重ねた上で、すごくありきたりな平均点以下の代物を生み出してしまいました。僕にはデザインセンスが著しく欠如していることを思い知らされました。本当に作るときにはしっかりとしたデザイナーに頼むこと必至ですね。

 

シトとエドセポネとナカキンのニューウェーブ!?

そんな最中、先日ボートレースYoutuberの「シトとエドセポネ」さんとコラボ撮影というものをしまして。動画はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=RnyeXzYw-Zs&t=304s

このエドセポネさんが、ちょうど横断幕を作ったとの情報を聞きました。

 

めちゃくちゃカッコいい…。オリジナルでデザインされたそうです。費用は出資者を募って賄ったみたい。制作模様の写真もいただきました。

 

 

 

やはり僕なんかが作るようになるにはまだまだ越えないといけない壁は多そうです。

そんなこんなで動き出した(?)ナナテイのオリジナル横断幕制作。いつの日か素晴らしいものを作り、場に掲げられることを願うばかりです。まぁ人の応援する前に自分のことを見直せよってことでしょう。誰か僕の横断幕作ってください、お願いします。

それではまた次週!

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

これであなたも中級者。「新概念データ」を知っていますか?

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

ナカキンが師匠になる日は来るのか。

年間収支大公開! 今年の振り返りと来年の抱負を。

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。

夢のまた夢、10万以上の高配当を当ててみたい。