ボートレースセンター試験をやってみたい。

連載
ナカキンのボートレース体験記


みんなフライング何個持ち?空も心もどんよりとした月曜日、みなさまいかがお過ごしでしょうか。ナカキンです。

昨日はボートレース桐生でのSG第22回チャレンジカップの優勝戦の日でした。優勝は初日から圧巻の走りを見せ、ここ数ヶ月本来の調子を取り戻しまくっていた石野貴之選手でした。強すぎたなぁ、おめでとうございます!

                           (JLC公式ツイッターより引用)

今節のSGを見ていると当然のことですが、実力のある選手が多すぎてどのレースを見ても1〜6号艇の選手どの選手が1着になるのか全く絞れませんでした。そんな時でも冷静にその日の選手の調子やモーターや水面状況を考慮して舟券を買えると当たるのだとは思いますが、中々そう冷静にはなれないものです。

もしくは、こう上手い選手が揃っているのですから選手一人一人の得意コースや攻め方を熟知していれば、的中率は飛躍的に上がるはずです。以前何度か本コラムでも触れていますが、ボートレースを見ていく上で好きな選手、通称”推し”の選手を作ることは非常に大事です。的中率が変わってくることもそうですが、明らかに楽しみ方が広がります。僕のような自称中級者は中途半端に選手を知ってしまうこともあり、自分では舟券購入の際もその中途半端な知識が邪魔をして買い方や買目がブレてしまいます。
そこで私ナカキン考えました。

「もういっそのこと選手全員覚えてしまえばいいやん。」

と。何事も中途半端が一番いけません。これほどまでに舟券が当たらないのは明らかな自分の努力不足でしょう。有名どころや好きな選手だけ覚えているようじゃダメなんです。全員覚えなければ意味がない。こんな全世界に公開されているインターネット上で言ってしまったのですから、本気です。目標は年内までに全ての選手の名前と顔と支部、そして得意なコースや攻め方、これら全てを網羅するのが目標です。

それでは今回はその下調べとして、ボートレーサー全選手について少し調べておくことにしましょう。

選手全員って何人いるの?

まずは当然この疑問の解決から。今現在、ボートレーサー全選手って何人いるのでしょうか。困った時の疑問は大体ボートレース公式サイトが解決してくれます。

 

これを見てもらえればわかる通り、現在1,616人の選手がいるようです。そのうち女子レーサーは224人です。上は72歳で下は17歳と2世代ほどの年齢差が混在するスポーツなんですね。この1,616人という数字、皆さんはどう捉えるかわかりませんが僕はあるモノと比較すると非常に楽に思えました。それは。

 

 

「英単語ターゲット1900」です。これを高校1年生の時に学校から配布され、朝も昼も晩もずっと見ていました。読み込みすぎて、ある単語の次はどの単語が来るのかがわかるくらい。嫌という程読みこんだこの単語帳も1900語です。それが大好きなボートレーサーのこととなれば、1,616人くらいすぐ覚えられると感じました。すでにA1級のレーサーは知っている選手も多いので、実際にはここから数百人引いた選手を覚えればいいのです。昔勉強していて良かったなと久しぶりに思えました。

じゃあどうやって覚えるの?

調べた結果1,616人覚えればいいということはわかりました。ではどうやってこの選手たちを覚えましょう。一人一人インターネットで名前を叩いて調べましょうか。いやそれはあまりにも効率が悪い。そんな時机の引き出しを開けるとありました、必勝アイテム

 

「ボートレース版ターゲット1616」ならぬ選手名鑑です。これ実は全国24場のボートレース場で無料配布されていて、誰でももらえるんです。中身はこんな感じ。

 


僕の知りたい情報が全て詰まっています。右側の表にはコース別の成績も書いてあるので、どのコースが上手いかっていう情報も載っています。完璧です。そしてこのページは昔の単語帳よろしくこんな感じでペンを入れていきます

 

すでに知っている選手や覚えた選手は赤でマークを入れて何度も反復して見ていけば覚えていけるはずです。英単語もそうですが、大事なことは習慣化すること。いつ何時もこの選手名鑑をカバンに入れて時間が空いたら見る、これを繰り返して行こうと思います。

最後に

今回からこうやって選手を全員覚えることを心に決めた僕ですが、ナナテイをご覧いただいている初心者の方はこんなことはする必要はありません。前からも言っていますが、まずは自分の好きな選手を一人、ないしは数人決めてその選手のレースを追ってみる。これだけで本当に楽しくボートレースを見ることができますよ。

ちょうど年明けはセンター試験もありますからね。なんかボートレースセンター試験みたいなのできたらいいなとふと思いました。興味のある方連絡お待ちしています。
それでは早速覚えていきたいと思いますので、今日はこの辺で。また次週!

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

夢のまた夢、10万以上の高配当を当ててみたい。

めおと舟 その69『初心者相手に調子に乗ったらすごい恥をかく』

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。

ボートレースの回収率と的中率とは。告知もあります。

これであなたも中級者。「新概念データ」を知っていますか?