ナカキンが正夢チャレンジをやってみた結果。

連載
ナカキンのボートレース体験記


みんな3着流してる?今年も残すところあと2週間ほどとなりました。師走の月曜日いかが過ごしでしょうか、ナカキンです。

2019年は個人的にもどっぷりとボートレースに携わった1年となりました。テレボートのみですが、現段階での購入レースは1719R。ほぼ毎日ボートレースを見ていました。これに本場に行って購入した分も合わせると2000Rほどはやっているかと思います。上級者に比べるとまだまだだとは思いますが、この1年で初心者から中級者の入り口くらいには入れたかなと感じています。

そんなボートレース漬けの毎日となったこの1年、先日の朝には目覚めた瞬間脳内に落胆の2文字が襲ってくる出来事がありました。そう、ついにボートレースを夢の中で当てるという事件が起こってしまったのです。それもかなり鮮明に覚えていまして。どの場だったかは不明ながらも、ナイターレースにて4-12-125のフォーメーション買いから4-2-5が的中し、払い戻しは7万舟
目覚めてハッとし、テレボートを確認するも当たっているわけもなく。ここまで僕の脳内はボートレース漬けなのかとしみじみと感じた出来事となりました。

しかし、こんな夢を見ることも中々ありません。もしかしたら神のお告げかも知れません。あまりスピリチュアル的な物は信じませんがちょうど良い機会です、正夢にしてやろう! ということでこの日のナイターレースで「正夢チャレンジ」をやってやりました。果たして夢は夢のままで終わってしまうのか。

 

人生初の予想のプロセス

通常ボートレースを予想する時は、出走表を見て1着になりそうな選手を決め、2着3着と決めていくのが基本です。しかし今回の正夢チャレンジ通称正チャレにおいては、買い目はもう決まっています。つまり、僕の夢に出てきた4-12-125という結果になりそうなレースを探せば良いという訳です。この思考でボートレースをすることは中々ないので、新感覚で非常にワクワクします。夢の中の状況はナイターレースであったこともしっかり踏まえて、全場の出走表と睨めっこ。

 

(ボートレース公式サイトより)

この中から該当しそうなレースを選んでいきます。通常4コースから4の選手が頭に来た場合の決まり手は、まくりorまくり差しとなり出目的には4-1-流4-5-流となりがちです。この辺のレース展開についてのイロハは本サイトのフネスキン先生がコラムで紹介しているのでそちらをご覧いただきたいです。(→チョット聞イテッ艇其ノ八)

しかし僕の正チャレの的中は4-2-5。セオリーには囚われず、あくまで夢の中の自分を信じてレースを選び抜きました。

 

この買い方めちゃくちゃ楽しい……

早速ナイター開催場の蒲郡、桐生、下関、丸亀の4場から該当しそうなレースをピックアップしました。軍資金は3000円なので4-12-125の4点でのチャレンジを7回はできることになります。例えばこんなレース。

 

1号艇黄金井選手は若手のB1級。4号艇梶野選手はA2級ですが、この中では一番当地勝率が高く、カドからまくっていく展開も十分にありえそう。そして付いてくるのは唯一のA1級選手である2号艇上村選手。そして3着に田中選手が入れば4-2-5の出来上がり。こう考えていくとすごく楽しくなってきました。

通常のボートレースはいわゆる予想ですが、正チャレの場合は答え合わせに近いような感覚ですね。もしくは答えのわかっているものを、紐解いていく数学の証明問題に近いでしょうか。残念ながら、このレースはイン逃げ決着となり外れてしまいましたがチャンスはあと6回あります。

 

そして訪れた奇跡……?

めげずにその後も各場の出走表と睨めっこをし、チャンスを伺います。

 



 

惜しくも全て外れ。やはりボートレースは1号艇が逃げる展開が多く、4コースからまくり、まくり差しを決めるとなるとその選手が相当なトップスタートを決めるか、内枠の選手が出遅れるかしかありません。そんな最中狙いに狙った最後のチャンス、下関の7R。

 

 

ここは1号艇の宇佐見選手が当地勝率が非常に悪く、順当に行けば2号艇田中選手の差しが決まりそうな番組です。しかし注目すべきは3号艇酒見選手のスタートの遅さ、そして4号艇末永選手の勝率の高さです。このレースならイン逃げ決着にはならず何か波乱が起きそう。最後の最後についに正夢になりそうなレースを発見してしまいました。

レーススタート。

 

 

スリット後、狙い通り3号艇の選手が遅れ4号艇がトップスタートまくって先に回ってくれ…!!

 

 

キタキタキタキタ!! 見事4号艇が突き抜けて後に付いてきたのは腕のある2号艇と後続の5号艇!! これはもう4-2-5になるか4-5-2になるかのどちらか。腕のある2号艇頼む!!

 

 

しかし、5号艇の選手の方が伸びがあり頭一つ抜き出てしまいました。そして結果は。

 

 

4-5-2。しかも万舟というあっけない結果に終わりました。狙いはしっかりと当たっていただけに非常に悔しい結果となり今回の正夢チャレンジは終了しました。

 

夢は夢のままで…

そんなこんなでひょんなことから始まった今回の正夢チャレンジ。夢に見た買い目をただ買うっていうだけではなく新しい予想のプロセスを実行することができ、ボートレースの違った一面を見ることができた気がしています。

もし最後のチャレンジで当てることができていたら、毎日夢でボートレースのこと考えようとして、寝てばっかりになってしまいそもそもボートレースをやる時間さえなくなってしまいそうです。それじゃ本末転倒ですからね。
まだまだボートレースは研究のしがいがありそうです。ではまた次週!

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

夢のまた夢、10万以上の高配当を当ててみたい。

めおと舟 その69『初心者相手に調子に乗ったらすごい恥をかく』

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。

ボートレースの回収率と的中率とは。告知もあります。

これであなたも中級者。「新概念データ」を知っていますか?