2019年最後の更新!1年間ありがとうございました!

連載
ナカキンのボートレース体験記


みんな恵まれ期待してる? 早いもので2019年最後の更新となりました。どうもナカキンです。

本年の7月7日にナナテイがオープンし、約半年。コラムや漫画、動画など様々なコンテンツを更新し多くの方にナナテイの存在を知ってもらうことができました。来年はもっと色んな事にチャレンジしたいと思っています。個人的なこととしては、本コラムにもっと力を入れ、文章力の向上と面白いものへのアンテナを広げていけたらなと思っています。

今年の振り返り

2019年のナナテイの振り返りとして、まずはYouTubeチャンネルにて「ハリーツイッターとナカキンのセンジョウ」をやれたことが一番大きいと思っています。

北海道の漁師さんに弟子入りして船と海のことを学ぶと言う突拍子のない企画でしたが、これも新規チャンネルながら平均再生数10万回と多くの方に見てもらうことができました。来年は僕以外が出演する動画もいくつか企画中ですので、新しいナナテイの動画をお楽しみに。

そしてこのコラムも新しく始めさせてもらい、文章というものにも触れることが多くなる1年となりました。元々理系で文章を書く事には不慣れでしたが、書いてみるととても楽しく毎週更新させてもらいました。今まで更新した記事の中で個人的に印象に残っているのはこちらの記事。

念願のボートレース福岡へ ペラジェンヌってなんだ?【前編】


人生で初めて行ったボートレース場でもあるボートレース福岡で、ナナテイとして取材を申し込み昔から気になっていた”ペラジェンヌ”ならぬ、フロアアテンダントの方にインタビューをした記事です。

こういう形で思い出の場所に行けたという経験は思い出にもなりましたし、今後の糧にもなりました。将来的に、ボートレース福岡でナナテイとして動画をやれたらいいなぁなんて画策しています。

ボートレースは止まらない

ボートレース一色となった僕の2019年も間も無く終わりを迎えます。これ以外にもパチンコ・パチスロでの活動も少々させてもらっている僕は、年末は三重県にてオールナイト営業に参加します。伊勢神宮のトイレ貸しという名目で長年続いているこのオールナイト営業も今回で3回目の参戦です。しれっとこちらについても宣伝させていただきます。

年末年始は人の出入りも激しく、お金もよく動きます。そんな中でオールナイト営業をやるなんてとてつもない経済効果が生まれそうですよね。しかし、ボートレースもまた同様です。基本的に年中無休でどこかの場で開催されているボートレースですから、年末年始も例外とはなりません。どこの場で開催されているのか調べてみると面白いことがわかりました。



なんと東海地区の4場は31日〜1日の間、全ての場で開催されています。それに相反して関東地区の場は全て休場です。三重のオールナイトとも何か通ずるものがあるのかもしれません。

来年こそは

早足で今年の振り返りしていきましたが、来年こそは達成したい目標がいくつかあります。

・年間収支をプラスに
・コラムを現状の3倍見てもらう
・本場でのナナテイ動画の撮影

大きく分けてこの3つです。一つ目の年間収支の話は以前の記事を参照ください。結果今日現在までの収支はこんな感じになりました。


めちゃくちゃ負けました…。来年こそはプラスで終わりたいです。

そして二つ目の目標としては、本コラムのPV数をもっと上げることです。動画や漫画は手軽に見てもらえるものですが、文章を見てもらえるのは少々ハードルが高いと個人的には思っています。現状のPV数も納得のいく数字ではありません。もっと面白くわかりやすいものを書いて3倍のPV数にしたいと考えています。

最後にはやはりナナテイチャンネルでの動画企画でしょう。文章も大事ですが、やはり一番影響力のあるものは動画だと思っていますので、ナナテイらしいボートレース動画を本場で撮りたいです。

みなさま今年1年間ありがとうございました。ボートレースは今年も右肩上がりの業界となったようですし、来年はさらに盛り上がっていくことが期待されます。そんなビッグウェーブに一緒に乗って来年も楽しんでいきましょう。それでは良いお年を。

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

夢のまた夢、10万以上の高配当を当ててみたい。

めおと舟 その69『初心者相手に調子に乗ったらすごい恥をかく』

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。

ボートレースの回収率と的中率とは。告知もあります。

これであなたも中級者。「新概念データ」を知っていますか?