今年もボートレースは止まらない!2020年の注目ポイントと新年初勝負を!!

連載
ナカキンのボートレース体験記


みんなグランプリどうだった? 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します、ナカキンです。

2020年のボートレース注目ポイント

2020年が始まりました。今年1年はさらにボートレースを楽しんで、もっともっとその魅力を皆様にお伝えしていきたいと思っております。そんな最中こんなめでたいニュースも飛び込んで参りました。

(ボートレース公式サイトより)
https://www.boatrace.jp/owpc/pc/site/news/2020/01/9450/

去年度のボートレース全体の売上が発表されまして、見ての通り前年比15%超え。利用者もかなりの数増えており、業界として右肩上がりの成長はまだまだ止まらない状況のようです。

今年も非常に賑わいを見せそうなボートレース業界。一番の注目ポイントとしては、少し気が早いですが年末のグランプリでしょう。例年住之江で開催されているグランプリですが、今年は平和島にて行われます。平和島でのグランプリ、東京ということもありかなりの人出が見込めそうです。僕も東京にいることが多いので今年こそは現地観戦できそうな予感です。

そして注目している新しいCMも間も無く公開予定のようです。

(ボートレース公式サイトより)
https://lets-boatrace.jp/entertainment/cm/?_ga=2.250519366.119632239.1578272685-764921198.1572400236
イメージキャラクターは去年に引き続いての田中圭さん。今年も目にする機会が多そうです。

おみくじ引いて一勝負

そんな2020年一発目の今日、先ほど神社へお参りに行き今年の成功を祈願してきました。


良い言葉ですね。下のねずみが少々不気味ですが、心にしみる言葉です。その流れでおみくじも。


なんと大吉。新年一発目、幸先良し。しかもよく見てみると。

旅行の欄に船旅も良いだろうとの記述。また船旅をやるのかい僕は…。

なんにせよ、船なんてワードが大吉のおみくじに書かれているのも何かの縁。じゃあやってやろうということで舟初めしていこうと思います。

新年一発目のボートレース

新年一発目にふさわしいレースをしようとボートレース公式サイトを眺めてみるとぴったりなレースがありました。


正月にちなんだこの3つのレースです。どれも縁起良さそうな冠がついています。
まずは福岡の7Rから。


全員福岡の選手で構成されたこのレース。注目は2号艇塩田選手に3号艇のベテラン桂林選手。ここを軸にした2-13-全。これで行ってみましょう。お、案外がっちり予想できてますね。今年はやれそう 。

続いては三国の8R。


ここは1号艇の中辻選手の逃げ信頼。シンプルに1-34-3456の6点で勝負です。ここは簡単ですよ。さぁこれでお年玉2つ目。

そして最後は江戸川の8R。


江戸川ということと番組構成から難しいレースではありますが、2020年の僕は違います。完全に見えました。ここは、1号艇伏見選手を中心に2号艇田代選手のスタートの遅さも加味して134BOX。これで当たります。もう間違いない、これで3つ目のお年玉です。

それでは一つ一つ結果を見ていきましょう。


レース間隔が短かったためにこんな感じで観戦。株式投資家の気分に少しだけなれました。
結果はこちら。




全レースはずれました。かすりもしませんでした。ただ面白かったのが、福岡の買い目を三国で三国の買い目を江戸川で、江戸川の買い目を福岡で買っていたら全て当たっていました。買う場を完全に間違えました。こんな奇跡もなかなかないので、今年は何か違うぞということは見せつけられたかなと思います。

それでは今年もエンジン全開、フルスロットルで突っ走っていきます。まずは先ほど失った4kを取り戻すために引き続きボートやっていこうと思います。
今年も一年よろしくお願いいたします!また次週!!

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

これであなたも中級者。「新概念データ」を知っていますか?

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

ナカキンが師匠になる日は来るのか。

年間収支大公開! 今年の振り返りと来年の抱負を。

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。

夢のまた夢、10万以上の高配当を当ててみたい。