やとわれ編集長 岡井のボート事件簿 FILE31 動かない大時計事件

連載
やとわれ編集長 岡井のボート事件簿

 

【FILE31 動かない大時計事件】

どうもみなさんごきげんよう、岡井です。社会生活を送るうえで大切なのは時間の管理、つまり時計が重要です。今回はご紹介するのは時計についてのお話。

ボートレースのスタートでも重要な役割を担う大時計、正式には「発走信号用時計」と言います。観客席からはあまり注視されることはありませんが、レーサー達はこの大時計の針の動きをみながら自身のスタートタイミングを計っており、文字通り重要な指針です。この針の動きによってフライングや出遅れも決まってくるため、「大時計の針が〇時を指したタイミングで(スロットルレバーを)握る」といった具合に選手たちは微妙なタイミングの調整をしたりしています。

0.01秒単位でスタートタイミングを競っており、遅くても速くても失格というのはレーサーならではシビアな世界。社会人としては30分前入りや5分前行動という習慣をつける人も多いですが、ちょっと早めになどと5分前にスタートをするわけにはいかないのです。そんなことしたら引退勧告されます。

 

そんな厳しい世界のルールであり基準である大時計ですが、もしその基準がズレたりしたらどうなるのか。大時計が故障するとそれこそレースの基準が乱れることになりそうですが、実際乱れたレースがあったのです。

 

■早く動けよ、秒針!

2008年11月19日 住之江 12R

有力選手が揃った優勝戦は、インから1346、ダッシュ勢が25という形でスタート。「センター勢が好スタート」と言ったアナウンサーですが直後に言葉を詰まらせます、そして1マークを回ったあたりで場内に審判長からのフライングコールが響きます。

「1番艇、2番艇、3番艇、4番艇、5番艇、6番艇 フライング、欠場っ!!」

そう、全艇フライングのレースとなってしまったのです。大事な優勝戦での全艇フライングはファンにとっても残念ですが、売上が全額返還となる主催側はもっと大打撃。なんてことをしてくれたんだと選手達は白い目で見られます。スタート写真のスリットにもほとんどの艇が写っておらず、これは相当なフライング。

……と思われましたが、いくらなんでもこれはおかしいと調査が始まりました。なにしろ普段からシビアなスタートタイミングを見極めている選手達が揃いも揃ってぶっちぎりのフライングを決めているのはおかしい。選手やアナウンサー、そして一部の観客も今のスタートに違和感を感じている様子もありました。

 

▲何かがおかしい大時計

調査の結果判明したのは、なんとも珍しい大時計の故障。リプレイで確認すると開始数秒前から針の動きが遅くなっていたことがわかりました。選手も大時計の動きが変わるなんて思っていませんし、ボートレースの競技性質上スタートタイミングを急に変更することは不可能。出場選手にとってはここがベストのタイミングだと大時計を確認したら、予定よりも動いていなかった状態です。

漫画『モンキーターン』でスタートタイミングを見極めようと主人公波多野が「長えんだよ! 早く動けよ、秒針!」というシーンがあり、スタートタイミングの難しさや研ぎ澄まされる選手の感覚が描かれていますが、このレースの場合本当に秒針が遅く動いていたのです。選手の感覚が研ぎ澄まされて時間の流れが遅く感じるとか気持ちがはやっていたとかじゃなく、実際時計が遅かったという珍事。

 

■間違ってたのはルールの方だぜ

このレースの扱いは【中止】となりました。競走開催執行委員長も「ファンの皆様には多大なご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございませんでした。今後このようなことがおこらないように、徹底した調査を行い、再発防止に努めてまいります。」とコメントしています。

大時計の故障はかなり珍しく、仮に故障しても裏側に予備の時計盤が用意されているためレースに支障が出るという事態はほとんど起こりません。今回のように完全に停止するわけではなく、目視で確認できるギリギリ程度微妙に遅れるという故障の仕方も事態を混乱させた要因だと思われます。

それにしても違和感に気づき調査されてよかったと思います、一歩間違えば選手たちは責任のないフライングを持たさることになったわけですから。私も今度待ち合わせに遅れた時には「時計が遅れる珍事が起こってさぁ、悪いのは時計の方なんだよ」と言い訳してみたいと思います。いや、そりゃダメか。

著者プロフィール画像
岡井モノ

やとわれ編集長。だいたいわかってない。 twitter→@shopping_owl

人気記事

ナナテイ1周年なので岡井編集長がナナテイ買いします

TERU #12

めおと舟 その51『引っ越し舟 後編』

TERU #9

年間収支大公開! 今年の振り返りと来年の抱負を。

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...