こんな時こそテレボートを活用しよう!

連載
ナカキンのボートレース体験記


みんな1マークの攻防繰り広げてる? 4年に一度の閏日明けの月曜日いかがお過ごしでしょうか、ナカキンです。

先週の末、ボートレース界にこんなニュースが舞い込みました。

ボートレース公式サイトより)

新型コロナウイルスの影響により2/28〜3/15までの間、本場での開催に関して無観客で実施されることが決定しました。ここ最近の状況を鑑みれば致し方ないですよね。東京ディズニーランドですら休園している状態ですから、全国的な流れを汲んでの決定と思われます。

この状況ですので当然の事ながら、本場に行き舟券を買うことはできません。ではどうすればいいのか。そう、こんな時こそ「テレボート」を使ってボートレースを楽しもうではありませんか。本場で舟券が売れないのは売り上げの観点から見ても大打撃。せっかく盛り上がりを見せるボートレース業界に歯止めをかける事態にもなりかねません。ユーザーがいつも以上に積極的にテレボートを使って投票することで売り上げに貢献し、このピンチを乗り越えようではありませんか。

これを踏まえて今回は、改めてテレボートの使い方をおさらいし僕が思う楽しみ方と活用法をご紹介します。

テレボートの登録方法をおさらい

https://www.boatrace.jp/bosyu/
こちらの公式サイトで詳しく登録方法が書かれています。

これらの指定銀行の口座を持っていれば、すぐに開設することができます。僕はゆうちょ銀行を使っています。大学1年生の時、バイト代の振込のために開設したゆうちょがこんなところで役立つとは思いませんでした。ネットバンクなんかは持っている方多いと思いますので、手間取らずに入会できます。

入会すると、メールが届きますので指示に沿って会員登録を済ませましょう。完了すればいざ投票。ではどうやって投票するのか、これにはいくつかの方法があります。一つはPCで投票サイトにアクセスする方法。

画面も広く、色々な情報を見ながら投票することができます。そしてもう一つはスマホで投票する方法。スマホからの投票は専用アプリが用意されているのでそちらをダウンロードしましょう。縦画面と横画面の2つのアプリがありまして。

一見同じに見えますが、微妙に違います。まず紹介するのは左の「boatrace投票」。これが横画面型のアプリになります。


簡素化されて非常に見やすく使いやすいインターフェースとなっています。欠点としては、アプリ自体がiPhoneですとX以降の大画面に対応していないこと。画像を見ての通り余白が少々あります。しかしながら初心者の方にはわかりやすくてオススメ。


次が画面右側にあった「BOAT RACE」。僕が使用しているのがこちらの縦画面のアプリ。先ほどのアプリと比べて、少し使いづらいですが大画面にも対応していますし、様々な投票方法も可能なので愛用しています。流れとしては僕のように、横画面の簡単な操作に慣れてからこちらの縦画面のアプリに移行するのが良いかと思います。僕くらいになると、1分あれば入金から投票までできるほど慣れてしまいました。慣れって大事ですけど怖いです。

オススメの楽しみ方

テレボートの登録が完了し、投票サイトやアプリにログインしたらいよいよ実際に投票してレース観戦です。ボートレース公式サイトにアクセスし、該当の場を選択します。

 

(ボートレース公式サイトより)

するとこんなページがありますので、ここの「ライブ&リプレイ」のボタンを押しましょう。

(ボートレース下関公式サイトより)

するとこうしてリアルタイムでレースを観戦することができます。これは一般的な楽しみ方ですが、オススメはYouTubeを使って観戦する方法です。

こちらは僕も出演させてもらっているDMMボートちゃんねるの生放送番組です。他の媒体でもこうした生放送番組が増えています。これを観て一緒に予想して一喜一憂するのがすごく楽しいです。僕自身出演していて、コメントで視聴者の方と一緒に予想し合うのは勉強にもなります。場で友達と一緒にレース観戦しているのに近い感覚を味わえます。

他にも良いことはたくさん

こんな具合でテレボートを活用すればどこにいても、ボートレースを楽しむことができますしYouTubeを駆使すれば一人ではなくいろんな人と一緒に楽しむこともできます。他にもテレボートには良いことがたくさんあります。

代表的なものとしては、収支を見ることができること。

(ボートレース公式サイトより)

何度か本コラムでも紹介している機能ですが、かなり便利です。場に行くと結構バタバタして今いくら勝っているのか負けているのかというのはわかなくなったりするものです。テレボートではこうして一目で見ることができます。ちなみに僕の今年の戦績を見てみましょう。


約4万円負け。回収率61%でした。去年はトータルで60万円ほど負けたので今の所そこまでは酷くないペース。今年はなんとしてでも年間プラスを目指しているので今後追い上げていきたいと思ってます。

というわけで今回は、こんな時こそテレボートを活用しようというテーマでコラムを書いてみました。とりあえずは今月の中旬ごろまでは無観客の状態が続くようなので、ボートレースの火を絶やさないようにみんなで応援していきましょう。それが明ければ17日からは平和島にて今年初のSGも行われます。是非とも現地観戦したいと思っているので、事態が早く収束しますように。それではまた次週!さいなら!

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

夢のまた夢、10万以上の高配当を当ててみたい。

めおと舟 その69『初心者相手に調子に乗ったらすごい恥をかく』

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。

ボートレースの回収率と的中率とは。告知もあります。

これであなたも中級者。「新概念データ」を知っていますか?