ボートレース場のマスコットキャラクターを(一部)紹介!

連載
ナカキンのボートレース体験記


みんなツケマイ決まってる? 3月9日の月曜日、レミオロメンの名曲が脳裏を過ぎる卒業シーズンいかがお過ごしでしょうか。ナカキンです。

新型コロナウイルスの影響により、無観客での開催が続くボートレース。とりあえず3/15まではこの状態が続き、場合によっては延期される可能性もあるようです。実際各場での売上も減少しているようで、事態の沈静化を願うばかりです。

先週のコラムではこの状況を鑑みて、こんな時こそテレボートを活用してボートレースを楽しもうという記事を書きました。僕もここ最近は積極的にテレボートで投票しレースを観ているのですが、やはり無観客はどことなく寂しいです。優勝戦など注目度の高いレースだと、中継映像からも観客の声援が聞こえてきてかなり盛り上がります。無観客状態のレースを見ていると、今まで以上に本場に行きたくなってきます。

そんなボートレース場ですが、各場にマスコットキャラクターがいることはご存知でしょうか。全国24場、各場にそれぞれマスコットキャラクターがいるんです。

 

                             (ボートレース公式サイトより)

動物やら魚介類やら人やら色々いますね。今の事態が収束して本場に行けるようになった時、さらに楽しめるように、今回はこのマスコットキャラクターを取り上げて紹介してみようと思います。掘り下げてみると、各場の色が見えてきて面白いです。それではいってみましょう。

 

まずは我らがボートレース福岡。

僕が始めて行った場である、ボートレース福岡。ここのマスコットキャラクターは「ペラ坊」です。

ボートで使うペラから名を取ってペラ坊です。シンプルな名前とデザインで福岡以外の方からも人気が高くグッズなどもよく売れているそうです。相方も存在しています。

こちらは「ペラ美」です。ぺらみと読みます。カップルなどではなくあくまでお友達という設定のようです。女子レーサーや女性ファンへのイメージアップのために近年作られた新しいキャラクターです。
以前ボートレース福岡にナナテイで取材へ行った時担当者の方からぬいぐるみもいただきました。
(その時の記事)

非常に愛着の湧く可愛らしいキャラクターです。ボートレース福岡のサイト内には「ペラ坊予想」というレースの予想ページもありますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
https://www.boatrace-fukuoka.com/modules/yosou/

 

多摩川は流行りに乗って。

お次はボートレース多摩川です。

(ボートレース多摩川公式サイトより)

ウェイキーとリップルです。ウェイキーは「wake=航跡」、リップルは「ripple=波紋」と言う意味合いで名付けられています。鳥はカワセミをイメージしているそうです。

しかし実は多摩川のマスコットキャラクターはもう一つあります。

それがこちら。「静波まつり」です。まさかの萌え路線での新キャラクターです。職業はアイドルレーサーで年齢不詳のB型。最近では先のウェイキーとリップルよりも注目を浴びている様子です。しかもこのまつりちゃん、いろんな女子ボートレーサーがコスプレしていたりもするんです。その一人が「西岡育未選手」。

最高すぎる。こんなキャラクターを作ってくれた多摩川に感謝です。しかも公式アンバサダーはあのコスプレイヤーえなこさん。

なんとも素晴らしい人選ですよね。
このまつりちゃん、ボートレース多摩川の公式ツイッターのキャラクターも担っています。

さらにまつりちゃんは選手がフライングをするとこう呟きます。

 

「またFかよ」、これはまつりちゃんの代名詞にもなっていて、グッズなどもできているようです。
こうした角度で場のキャンペーンをしているボートレース多摩川、非常にうまいなぁと思いました。

 

気になるボートレース三国のカニ坊

ここまで紹介したように、各場趣向を凝らしてマスコットキャラクターを作り場のイメージアップやSNSでの活動をしている中、気になるのがボートレース三国です。

(ボートレース三国公式サイトより)

「カニ坊」です。見てくださいこのシンプルなデザインと名前。福岡のペラ坊のように相方はいませんし、水辺の生き物ではありますが、他のキャラと比較するとボートレースともそこまで結びついていない気もします。福井の名物がカニだからでしょうか。なぜかスニーカー履いてますし、謎は深まるばかり。

(ボートレース三国公式サイトより)

場に入り口にはこうしてデカデカと掲げられていますので、地域の方には愛されているキャラクターなのかもしれません。カニ坊、非常に気になります。

 

こんな具合で今回は、ボートレース場のイメージキャラクターについてナカキンなりに紹介してみました。紹介しきれなかった他の場にももちろんイメージキャラクターはいますので、みなさまのお近くの場を調べてぜひ本場にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに僕は誰が言い出したかは不明ですが、カマキリに模されることが多々あります。

これは僕と親交のあるボートレースYouTuberの「シトとエドセポネのニューウェーブ」さんが描いてくれたイラストです。奇遇にもカマキリの色は緑で6号艇の色なので、どこかの場が新しいキャラクターとして採用してくれないかなとワクワクしています。

そんなことを夢見て、今週も頑張っていこうと思います。ではまた次週!

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

夢のまた夢、10万以上の高配当を当ててみたい。

めおと舟 その69『初心者相手に調子に乗ったらすごい恥をかく』

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。

ボートレースの回収率と的中率とは。告知もあります。

これであなたも中級者。「新概念データ」を知っていますか?