めおと舟 その38『ボートが出来れば少しはましだろう』

連載
めおと舟

 

前回までのあらすじ──。
『ボートレースで一発ブチ当てて引っ越せばいいじゃない』という妻の言葉から唐突に始まった夫婦共通の趣味・ボートレース。順調にハマる夫婦だったが肝心の引っ越しに関しては夫の職業がボトルネックになり暗雲が垂れこめる。そして本格的なコロナ禍がやってきた。

新型コロナが猛威を振るう中、いよいよ小池都知事による外出自粛要請がなされるに至り、浅草の街から人が消えた。こうなると自分だけ外に出て飲み歩く訳にもゆかぬので、この週末は家にいて夫婦と猫、水入らずで過ごす事にした。折しも季節外れの大雪。巣篭もりである。

「なんかさぁ、今日のピノコおなら臭くない?」
「えー。ちょっとピノコの肛門嗅いでいい? ンー。臭いしない」
「……ひろしコロナなんじゃないの」
「いやー、オイラ猫アレルギーで常に鼻詰まってるから」
「そうか。へへ」
「はるちゃん嗅いでみて」
「うん……。うわクサッ!」
「へへ」

我々夫婦の朝は早い。だいたい6時くらいには起きて活動を始める。掃除。洗濯。そして朝食。諸々済ませたあと撮りためたテレビ番組を見ても、まだ昼前だった。巣篭もり初日。早くもやることがない。やることがなさすぎて猫の肛門の嗅ぎっこをしてたのだが、流石にピノコの機嫌も悪くなってきた。

「じゃあもう、久々にちゃんとボートやる?」

妻からの提案。しかしオイラは今お金が究極的に無い。次の原稿料が振り込まれるまでの間、血が滲むような節約生活を送っているのである。その節約具合たるや壮絶なもので、例えば最近は一人の日には基本的にモヤシを食って生活しておる次第。ちなみに先日の外出自粛要請からしばらくは浅草のジジババが凄い勢いであらゆるものを買いだめしおった影響でなんとモヤシが手に入らない期間があった。あしの、怒り心頭である。まさかモヤシが手に入らずにバチ切れる日が人生の中で訪れるとは思っていなかったのでホントにびっくりした。

「えー。ボートォ……。お金使いたくないもんなぁ……」
「大丈夫! ひろしの事はわたしが支える! 200円だけ舟券買ってあげる」
「お! マジで!?」
「うん! 当たったら半分頂戴」
「むしろ半分貰えるのか! めちゃ美味しいじゃん!」
「へへ。いつもお世話になっております……」
「いえこちらこそ……。ちょっとピノコの肛門嗅いでみて……」
「うん……。クサッ!」

──というわけで恥も外聞もない「奥様ぶら下がり実戦」ここに開幕!

まずは3月29日三国4R。なんでわざわざルーキーシリーズを……と思う方もいらっしゃるかもしれないけれど、我々はこの「スカパー!JLC杯」が好きなのである。若手選手の名前を覚えられるので、今後追っかけていける、というのもある。村松修二選手(4816)なんかはそれで覚えた夫婦共通の好きなレーサーである。

「うわ、F持ち多いな……。どう思う?」
「佐藤選手と板橋選手……。ああでも小池選手もいいのよね……」
「スタ展見てないけど、どうしよ。買っとくかい?」
「ひろし何買うの?」
「オイラはもう、2連単でいくよ。2-5、4-5かな」
「4-5……? なんでまた」
「佐藤選手がF持ちなのが気になるんだよね。中途半端に仕掛けていって加藤選手へのマクリ失敗したら、4号艇の後藤選手がグアーっと行くんじゃねえかなと」
「なるほど……。じゃあわたしは……」

●3月29日三国4R(安定版使用)

【夫の予想】
2-5
4-5

【妻の予想】
1-2-3
2-1-3
2=5
3=5
4=5

「はるちゃん、まあまあゴージャスに買ったねぇ」
「そんなゴージャスでもないでしょ。ひろし200円だけ。プークスクス……!」
「くッ……。当てりゃいんだよ当てりゃ。2-5とか真面目に来そうだろコレ……」
「プークスクス!」
(──ぷぅ)
「あ! ピノコおならした! こいつ腹の調子悪いな今日……!」
「……かわいいねぇ! ……クサッ!」
「うわ全然においしないわ……」
「あ、レース始まったよ!」
「おお! 三国のファンファーレはエレキギターが入ってる! これアガるね!」
「ウケる! なんかちょっとハードロックっぽい!」

結果。

「うはぁ! 加藤選手逃げおった……!」
「ああ、やっぱ二番手は小池選手だったぁ……。3連複で買っておけばよかった」
「ホントだ。はるちゃん買い目は合ってたね……」
「ひろしカスってもないじゃん」
「2連単で都合3艇絡めて買って一艇も2連対に絡んでないの逆にすごくない?」
「すごくないよぅ……。当ててよう……」
「よっしゃ次!」
「……次もやるの!?」
「投資してくれ! 当てて返す!」
「えー……。しまったなぁ……。余計な申し出するんじゃなかった……」

●3月29日三国5R(安定版使用)

【夫の予想】

1-4-6
1-6-4

【妻の予想】

1-4-5
4-1-5
4-1-6
2356(複勝)

「おお、はるちゃん複勝買ったんか……」
「だってひろしが外すからわたしのテレボートのトータル勝率が下がるから……」
「オウフ……。すいません」

複勝というのは選んだ艇が「2着以内に入れば払い戻しを受けられる」買い方の事。妻が買った2356の場合、2356艇が2着以内に入ればよし。当たり前だけどボートレースは6艇建てのレースなので5艇買ったら絶対にどれか当たる。故にオッズはかなり低い。つまり複勝は「当てる」こと自体は重要じゃなくて「荒れる」事を祈る買い方であるとの事。オイラは買ったことねぇので知らん。あくまではるちゃん曰くだ。

「今回のとか、結構ガチガチだから真面目にやるとあんまりおもしろくないのよ。だからもう、荒れろーって祈りながら見るほうが良いのよね。こういう場合だったら複勝でもそれなりに楽しめるのよ……!」
「もうさー、はるちゃん完全にオイラより詳しいよねボート……」
「へへ。お世話になっております……。へへ……」

結果!

4-5-1。夫、びっくりするくらいカスらず。妻、超惜しかった。

「あーまただ。はるちゃん着順が違う……!」
「もー……。3連複にしとけばよかったよぅ……」
「複勝は取ってるね何気に……。いくらついてる? 2倍くらい?」
「……あ、3.9倍ついてた」
「すげえ! マジで。複勝アツいなオイ」
「まあでも4艇買ってるから意味ないんだけどね……。的中率はちょっと稼いだ……。てか4号艇が1着に来た時点で何来てもガミるわよこれは……」
「次やろ次!」
「ひろしいま400円借金だからね!」
「当てりゃいいんだよ当てりゃ! 次ぃ!」

「ぐぬぬ。二百円しばりキツいぜェ……。フォーメーションで買いてぇ……」
「文句言わない! 連複買いなさい!」
「くそう……。じゃあもうガチガチでいくぞ。オッズつかねぇからな!」
「わたし荒れるの祈っとこうっと。へへ……。ひろしこれはずしたら600円の借金だからね」
「絶対当てる! 絶対だぞ! オイラに続けぇ!」

●3月29日三国5R(安定版使用)

【夫の予想】

1=2=4
1=4=5

【妻の予想】

56(複勝)

「わー……。だいぶ置きに行ったわねぇ……」
「オッズ度外視だよ。とりあえず当てる。てかもうこのレースはこれしかねぇぜ。あーもう全力の予想だコレ」
「わたしは複勝で」
「なにこの買い方……。これ2連複で良くない?」
「いや、だめでしょ。どっちかが2着以内に入ればいいのよ」
「あー……。そういう事か。何倍くらいつくのこれ」
「4倍くらい。両方来て合計で8倍とか?」
「普通に2連複で買ったら24倍付くんだけど……」
「5=6は買う勇気ないよう……。でも複勝だったら全-5でも全-6でも当たるから、当たりそうな気がするじゃない。だいたいガミるけど」
「神の遊び……! オイラだめだ。複勝がちょっとあんまりピンと来ないっぽい。要研究だなこれは……」
「複勝で1号艇とか買うと普通に1.1倍とかでぬか喜び感が凄いから今度やってみて!」
「やだなぁ……!」

結果!

2-1-4!

「はい獲ったァ! 3連複頂きました! な! ガチガチだろがい! ホレェ! 獲ったぜァッ!」
「おめでとう! 何倍?」
「2.7倍!」
「プークスクス! 約束通りそこから135円は貰うからぁ……。ひろし465円の借金……!」
「グハぁ! いいじゃん減らしたから……! 次やるぞ次ぃ──!」
「よーし、じゃあとことんまで付き合おうじゃないの……!」
「よっしゃ。じゃあとりあえず、ピノコの肛門をどうぞ……」
「……臭い! 鼻先でぷぅしないで──!」

……不要不急の外出自粛。大雪。家に居てもやることなんか基本ないとは思うけど、まあこうやって家族と猫とテレボートとがあれば、少しはましだね。

──引っ越し予定日まであと-28日

 

著者プロフィール画像
あしの

浅草在住。猫とホラー映画とパチスロを愛する39歳。パチ7にて『インタビューウィズスロッター』連載中。『5スロで稼げるか?』(www.5suro.com/blog)の中の人。ボートレースはからっきし初学者ですが、自分自身で楽しみながらその面白さをお伝えしていきたいと思います。

人気記事

ボートレース場の水質について。ナカキンは汽水になりたい。

無観客開催も徐々に緩和。全24場の現状を調べました。

やとわれ編集長 岡井のボート事件簿 FILE11 厳格養成所脱走事件

めおと舟 その57『酒を控えたら運気が向上した……!』

めおと舟 その56『酒を辞めよ……!』

TERU #14