もはや恋人、わかっていそうでわかっていないオッズを解説します。

連載
ナカキンのボートレース体験記

みんな最内回ってる? 春の訪れを自宅の窓から感じる月曜日、いかがお過ごしでしょうか。
ナカキンです。

世間は間も無くゴールデンウィークですが、新型コロナウイルスが猛威を奮い、依然として外出自粛が続く現況では例年のように過ごすことはできません。ボートレース業界も本来であれば、本場で様々なイベントが行われたりと、盛り上がるはずなのですがこればっかりは仕方がありません。

そんな中、ボートレース業界全体として新型コロナウイルス対策に6億円の寄付が行われることが発表されました。

         (ボートレース公式サイトより)

寄付額の大小が寄付の良し悪しに繋がるわけではないですが、純粋に6億円という額はとてつもない金額。業界自体も無観客開催によって売り上げは減少していますし、早期の終息を迎えて通常開催を可能なものにしたいという強い意思を感じる素晴らしい行動だと思いました。このポスターを見て思ったのは、全24場のロゴをこうして並べてみるとそれぞれ微妙にフォントが違っていたりして面白いなとも感じました。

寄付もそうですが、やはりお金は大事だなと感じる今日この頃。それはもちろんボートレースをする上でも当然意識するものです。今自分がいくら勝っているのか、負けているのか。公営競技ですから、お金の部分は大変重要。その中でも皆さんの頭を悩ませるのが「オッズ」ですよね。これが当たればいくら払い戻されるのかというのは、ボートレースファンに与えられる唯一の結果であり喜びです。

そんな今回は、わかっているようでわかっていないこの「オッズ」について、ナカキンなりに調べてみようと思います。

 

まず”オッズ”ってなに?

そもそもオッズとはなんなのでしょうか。我々ファンからすれば毎日のように聞く単語ではありますが、初心者の方からすれば「それなに美味しいの?」状態。この言葉の意味からお教えします。


“オッズとは、自分の買った舟券が的中した場合に支払われる、払戻金の倍率のことである。オッズが「50.0」の舟券を100円買って的中すると、5,000円が払戻される。数値が低いほど、倍率は低くなるが人気の舟券ということになり、予想の材料にもなる。舟券は締切時間の間際が一番発売が多くなるため、必ずしも自分が購入した時のオッズ通りの配当が得られるとは限らない。”

(ボートレース公式サイトより)

公式サイトにはこう表記されています。純粋に的中したら、これだけお金が貰えますよって教えてくれる数字の一覧表みたいなものですね。このオッズを見て、自分の予想が当たればどれだけ払い戻されるかを妄想することができるんですね。ですので、舟券予想をする際にこちらを見ておくと、いわゆるトリガミ(賭け金よりも払い戻しが少なくなること)を防ぐことができるってわけです。

 

オッズはどうやって計算してるの?

ではこのオッズ、どうやって決まっているのでしょうか。毎レース「オッズ検討委員会」みたいな会議でおじさんたちが顔を付き合わせて決めているのでしょうか。いえいえ、そんなことはありません。オッズはあらかじめ決められた数式を元に自動で全てコンピューターによって計算されているのです。

そもそもボートレースには控除というものがあり、全体の売り上げから毎レース25%は必ず引かれます。この25%は場の運営費であったり、選手への賞金に当てられるのです。そこから残った75%が払戻金として、客に還元されるってわけです。

つまりオッズの計算方法は、「オッズ=払戻金/的中した舟券の売り上げ」となります。的中した舟券の売り上げが100万円で控除された上での払戻金が200万円ならオッズは2倍となるってカラクリです。なので、有力選手が絡んだ舟券は当然売り上げが増えるためにこの数式の分母の額が大きくなるのでそれに応じてオッズも下がっていくよということです。

どうでしょう、少し難しいですかね。我々ファンはこんな難しい計算はする必要もなく先ほどのように表で出してくれるのでそれを見れば一目でわかります。頭の片隅にこういう計算方法で決められてることを入れておくだけで、謎の納得感が生まれるので以後お忘れなく。

 

オッズ表から見えること。

ここまで紹介したようなオッズの基本的なことを頭に入れた上で、改めてオッズ表を見てみると面白いことが色々と見えてます。

(ボートレース公式サイトより)

これは4/25に行われた蒲郡11Rのオッズ表です。こうして全体を見てみると赤で囲った部分だけ異様にオッズが低いことがわかります。4-1-5でも9.0倍です。先ほど述べたオッズの計算方法を考えてみると、この表を見るだけで145号艇が売れているのだなと判断できるわけです。しかもこの囲った赤枠だけ低いことを考えると、145のボックス買いをしている人が多いということまで見えてきます。

ちなみにこのレースの結果がこちら。


惜しくも145BOXでの決着とはならなかったのですが、4-5-6で決まっていますので、4号艇と5号艇が売れていたのも納得です。こういう具合にオッズ表をみるだけでここまでの情報を得ることができるんです。面白いですよね。

 

一度知ってしまったら最後、恋人のようなオッズたち。

オッズの意味、計算方法、そして活用法と紹介したわけですが、ボートレースをする上でオッズは本当に大事。玄人の中にはオッズを見ないで買う人も中にはいますが、基本的にはしっかりオッズと睨めっこして予想を立てることをおすすめします。


当然僕もオッズは頻繁に気にして見るのですが、実はこれが一番舟券予想を悩ましくさせている要因の一つ。一度知ってしまったら最後、レースが終わるまで頭の中から離れません。例えるなら、忘れたくても忘れられない恋人のような存在なのです。時には嫌いになったり、目を背けたくなったりすることもありますが、結局はみんな恋人(オッズ)が大好き。この恋人とうまく付き合っていくことが、ボートレースを攻略するコツになるのかもしれません。

現実に恋人もいない27歳独身の僕ですから、ボートレースのオッズくらいとは今後とも仲良く付き合っていけたらいいなと切に思います。それではまた次週!さいなら。

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

夢のまた夢、10万以上の高配当を当ててみたい。

めおと舟 その69『初心者相手に調子に乗ったらすごい恥をかく』

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。

ボートレースの回収率と的中率とは。告知もあります。

これであなたも中級者。「新概念データ」を知っていますか?