やとわれ編集長 岡井のボート事件簿 FILE44 冠協賛!! Nice Boat.事件

連載
やとわれ編集長 岡井のボート事件簿

【FILE44 冠協賛!! Nice Boat.事件】

どうもみなさんごきげんよう、岡井です。今回はタイトルにもありますが、冠協賛レースのお話です。過去にもご紹介した『だいこんおろしの彼女募集中レース』が有名ですが、他にもこんなレースがあったのです。

改めて説明すると、冠協賛レースとはいくらかの協賛金を支払うことによって一般の人がレースの名前、つまり冠を決める権利が得られるレースであり、社会的に問題がある名前でない限り基本的に自由に命名できます。ボートファンが結婚や出産といったイベントを祝うときに記念として冠協賛する、なんてことも多いでしょうか。

 

こうした命名権があるものには一つの大きな勢力があります、それが好きなキャラクターの名前を付けたレースを開催しファン活動の一環とするいわゆるオタ勢(あえてこう表現します)です。実在する著名人だと権利の問題などで認められない場合もありますが、アニメやゲームのキャラクターはその愛称なんかも含めると命名の自由度が高い傾向にあります。例えばですが、『LOVE☆LOVEモエちゃん記念レース』などと名付けてもモエちゃんが誰かの特定も難しいですし、一部のファンのみに伝わるフレーズなんかを入れるとよりコアなファン感が出てうれしいものかもしれません。

そうした中で一つのレースが開催されました。

 

■桂言葉ちゃんお誕生日記念競走

2008年 1月6日 戸田 10R

このレースが開催されることが知られると匿名掲示板界隈が沸きました、ナイスボートだったからです。……おそらく多くの方は置いてけぼりだと思うので簡単に説明しましょう。

まずこの桂言葉ちゃんとは『School Days(スクールデイズ)』という18禁PCゲームの登場キャラクターです。ちなみに桂言葉はケイコトバではなくカツラコトノハと読みます。このゲーム、進め方によっては陰惨な展開が待ち受けているためかなり人を選ぶものだったのですが、何を思ったかその後深夜帯にテレビアニメ化され、原作に輪をかけて猟奇的かつ陰惨な内容なりました。

そしてアニメ最終回が予告なく放送中止となります。その際に「都合により、番組を変更してお送りしています」とのテロップとともに城やボートを映した環境映像が代わりに流され、それを見た人が掲示板に書き込んだ一文が「Nice Boat.」。その後、Nice Boat.はネットスラングとして話が飛んだ時や猟奇的な展開があった場面で使用されるようになりました。

 

▲アニメかと思ったら流れてきたナイスボート

ちなみに私は原作ゲームもアニメも知らなかったのですが、Nice Boat.は知っていました。同時期にアニメの表現について論じられた事件もあったため、多少なりともネットやアニメといった話題に触れていればわかるほどの知名度だったのです。

そんなアニメのキャラクターである桂言葉のお誕生日記念競走、掲示板はNice Boat.であふれかえりました。

■まさにNice Boat.

レース開始直前に紹介された協賛者からのメッセージは「言葉ちゃんお誕生日おめでとう、舟が好きな君にこのレースを贈ります、誠君と末永くお幸せに」と知っている人にはわかる、明らかに狙ったものでした。ちなみにアナウンサーはカツラコトハと読んでいましたが、まぁ普通そう読むでしょう。変な名前のレースでも読まねばならぬというアナウンサーの苦労がみえます。

肝心のレース内容はスタートがきれいに決まり、マーク時には様々なテクニックがとび出し、終盤まで僅差で競り合う好レースでした、まさにNice Boat.。それにしても冠や実況が変なレースは名レースになる確率が高いような気がします、何故なんだ。

 

その後、2008年4月から戸田では冠協賛レースは休止となりました。この知らせを受けて界隈では「おまえらがやりすぎたせい」と話題になったとか。

著者プロフィール画像
岡井モノ

やとわれ編集長。だいたいわかってない。 twitter→@shopping_owl

人気記事

ナナテイ1周年なので岡井編集長がナナテイ買いします

TERU #12

めおと舟 その51『引っ越し舟 後編』

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

TERU #9

年間収支大公開! 今年の振り返りと来年の抱負を。