SGにまつわる選手の話

連載
ナカキンのボートレース体験記

みんなバックストレッチ伸ばしてる? そろそろ本場の水面からのマイナスイオンを感じたくなってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。ナカキンです。

忙しなかった5月も終わり、今日から6月。昨日まで行われていた「SGボートレースオールスター」も我らが福岡支部の篠崎仁志選手の優勝で幕を閉じました。

(ボートレース公式YouTubeチャンネルより)

初の無観客状態で行われた今年初のSGでしたが、予選からこれぞSGといったハイレベルなレースが連日行われました。個人的にはエースモーターを引き当てた茅原選手に期待していたのですが、予選でフライングを切ってしまい、残念な結果となってしまいました。ファンの投票で出場者が決まるオールスターと言うこともあり、通常のSGより女子選手も多く出場していまして、準優勝戦まで残った平高選手など男女関係なく素晴らしいレースを見せてもらいました。

優勝した篠崎仁志選手は意外にもSG初優勝。これで兄の篠崎元志選手と兄弟揃ってのSG覇者となりました。今まで兄と比較されることも多く、重圧もかなりのものだったようですが、優勝直後の涙にはそういう意味合いもあったのかもしれません。やはりボートレース界でSGを優勝するのは本当に至難の技。歴代でも優勝経験のある選手は74人しかいません。

SGと選手との関係、そこには様々なドラマがあります。今回の篠崎選手もそうですが、実力は申し分ないのに未だにSGを優勝志賀ことの無い選手も多くいますし、逆に数多く優勝している選手もいます。今回はそんなSGと選手にまつわるデータをナカキンなりにピックアップしてみましたのでご覧ください。それではいってみましょう。

 

現役最多優勝はもちろんこの選手。

現役の選手の中で一番SGを優勝しているは当然この選手です。

 

(ボートレース公式サイトより)

絶対王者 松井繁選手です。トータルで12回もの優勝を成し遂げています。これは歴代でも2位の記録となっています。有名な話ですが、松井選手の生涯獲得賞金は36億円超え。SGの平均的な優勝賞金が4,000万円ほどと考えるとSGだけでも5億円ほど稼いでいらっしゃるんですよね。すごいなぁ、年末ジャンボ5回分ですよ。直近では2014年のSGボートレースクラシックを最後に優勝からは遠ざかっていますから、ぜひとも今年の残りのSGで優勝を期待したいところです。

 

今回のオールスターでも見事に優出。まさに無冠の帝王。

今回のオールスターの優勝戦の出走表がこちら。

 

(ボートレース公式サイトより)

前述したように、1号艇篠崎選手は初優勝。この中にもう一人SG優勝が未経験の選手がいます。それは。

 

(ボートレース公式サイトより)

「濃く行きます。」でおなじみ徳増秀樹選手です。徳増選手は通算優勝回数87回を誇るトップレーサーですが、未だにSG優勝には至っていません。個人的にもその独特な雰囲気や強気なレーススタイルは大好きなので、今回の優勝戦も徳増選手を軸に買っていました。しかしながら今回も願いは叶わず6着。これで通算9度目のSG優出となりました。人気、実力共に申し分ないので悲願の優勝を果たせる日はそう遠くないはず。今後も注目していきたい選手の一人です。

 

女子選手でSG優出したのは二人だけ。

今回のボートレースオールスターでも香川支部の平高選手が準優までコマを進めましたが、惜しくも優勝戦出場とはなりませんでした。そんな中歴代には2人だけ優出した選手がいます。それは。

 


(ボートレース公式サイトより)

(東京スポーツYouTubeチャンネルより)

現役選手では寺田千恵選手が2001年に一度。引退選手では山崎智也選手の奥様である横西奏恵選手が二度優勝戦に出場しています。男子選手でも優勝するのは至難の技であるSGですから、優出するだけもすごいことです。果たして初の女性SG覇者は誰になるのか、これもまた今後のボートレースをみていく上で楽しみなポイントですよね。

こんな感じでいろんな選手とSGにまつわる話をしてみました。やはりボートの最高峰であるSG競走。もちろんレースもレベルが高く非常に見応えがありますが、こういう裏話を頭に入れておくと今まで以上にレースを楽しめるはずですので、みなさまも色々と探ってみてはいかがでしょうか。次のSGは今月末から、ボートレース宮島にて行われる「SGグランドチャンピオン」。

 


(ボートレース宮島公式ツイッターより)

僕は推しの太田和美選手と、徳増選手の初優勝に期待して楽しみにしておこうと思います。ちなみに今回のSGは面白すぎてついつい熱くなってしまったあげく、財布がバーストする事態に陥ったことを報告して今週は終わろうと思います。それではまた次週!

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

ナカキンが師匠になる日は来るのか。

これであなたも中級者。「新概念データ」を知っていますか?

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

年間収支大公開! 今年の振り返りと来年の抱負を。

夢のまた夢、10万以上の高配当を当ててみたい。

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。