やとわれ編集長 岡井のボート事件簿 FILE50 逆転現象!! アウトコース取り合い事件

連載
やとわれ編集長 岡井のボート事件簿

【FILE50 逆転現象!! アウトコース取り合い事件】

どうもみなさんごきげんよう、岡井です。この連載で何度も取り上げていますが、ボートレースの原則はイン有利。通常のレースの流れをみても、ピットをいち早く離れいかにインコースを確保するかというところに選手達は力を注ぎます。しかしこの原則に従わない、それどころか真逆のスタートコース争いをするレースがありました。

 

ボートレーサーにはそれぞれ得意な技やコース取りがあると言われておりますが、そうした得意技の中でもアウトコースからのスタートを得意とする、いわゆるアウト屋という選手も存在します。インの有利を捨ててでもアウトに行く理由としては、シビアなコース取りから離れることで自分のペースでレースができることや、アウトから絞られるプレッシャーを受けないといったものが語られますが、アウト屋として認知されている選手の強みはやはり慣れでしょうか。

たとえ何号艇であっても、自らの意思でアウトにまわればいつでも大外からのスタート。場によって多少の違いはあれど、見える景色や感覚は大きくずれることなくレースに臨めます。

実際のレース展開でも、我先にとピットを離れる他艇を横目に悠々と6コースに収まる姿は大物感も漂い、これで勝てばまさに横綱相撲、ファンも大いに沸きます。

 

有名なアウト屋の一人、アワカツこと阿波勝哉選手は1号艇であっても6コースに進入する徹底ぶりであり、ボート整備に関しても極端なまでの伸び重視。ボートにモーターを取り付ける角度であるチルト(チルトアジャスター)も最も伸びが良いとされるチルト3度で出場し続け、ついたあだ名が「ミスターチルト3度」だったりもします。

ちなみにこのアワカツ仕様と言われる調整、最高速が伸びても加速が悪いとされている等、扱いやすいものでは無さそうです。実際にこの調整を真似た選手が転覆したという話もあり、アウト屋がボートレース界では異端であることがうかがえます。

 

クセがある邪道、でもそれゆえにファンを惹きつけるという意味ではダークヒーロー的なかっこよさがあるのかもしれません。……いや、ルールに基づいて、それも一般的には不利と言われる走り方をしているので全然ダークではないんですけど。

 

■アウトを狙え

2009年 6月8日 児島 11R

上記の阿波選手が1号艇で出場したこのレース。ピットを出てバックストレッチに入ったところでイン争いは2号艇3号艇4号艇。阿波選手は1号艇なのに当然の如く大きく回り、アウトにつけるようにボートを動かします。

既にアウト屋で有名になっていたので、場内ファンも今回も定位置でのスタートかと見守ります。

しかしここで我先にとアウトに入ってきたのが6号艇、加速して客席側ピッタリに寄せます。特にアウト志向の選手では無かったと思われましたが、外側有利とふんだのか、アウト前付け状態です。

じゃあ阿波選手は5コースかと船首を返している時、さらに5号艇が前を横切るかたちで入ってきました。アウト潰しなのか、そんなことして大丈夫なのか。わざわざアウトコースに入るために強引に割り込むなんて、不利を背負うために争っているようにもみえてしまう謎の競り合いがスタート前に勃発。通常ならばインをとり合い、いち早くボートを返して前付けするのがボートレースですが、ここでは我先にとアウトに入ろうとする珍妙な現象が起こっています。なんだこれは。

 

▲別の競技のようにアウトに入りたがるボート達

なお、レース結果は4コースに入った阿波選手がそのままぶっちぎって勝ちました。6コースは取れませんでしたが、むしろイン側のライバルが少ないぶん走りやすそうだったのは気のせいでしょうか。舟券は一番人気の1-2-3、多少のアクシデントはあれど、阿波選手の強さはファンも読んでいたということでしょうか。

 

■現代アウト屋事情

実は現在はアウト屋と呼ばれる選手は、持ちペラ制度が廃止されてからは低迷していると言われています。前述のアウト仕様の極端な調整もできなくなったことによって従来のような爆発的な伸びが期待できず、6コースからゴボウ抜きという展開が起こしにくくなっているようです。

アウト屋選手の数自体も減少傾向にあるため、ご紹介したようなアウトの取り合いという現象は今後もかなりレアケースになると予想されます。

とはいえ現在もアウト屋の選手は活躍を続けており、それぞれ現代のレース事情に合わせた整備や戦法をとって出場を続けています。大外から一気にまくって勝つスタイルは爽快の一言、興味のある方は一度探してみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール画像
岡井モノ

やとわれ編集長。だいたいわかってない。 twitter→@shopping_owl

人気記事

めおと舟 その105『梅雨レースの結果!それから今後の戦略について』

めおと舟 その60『おや? はるちゃんの様子が……!』

荒れるレースの条件とは。 3カド戦に企画レース?

レーサー達のYouTubeチャンネルが面白い。

SGにまつわる選手の話

ボートレースの回収率と的中率とは。告知もあります。