舟券に疲れた自分へ本命買いのリハビリを施しました。

連載
ナカキンのボートレース体験記

みんな向かい風攻略してる? 8月も終わり、少しづつ秋の訪れを感じる月曜日。いかがお過ごしでしょうか、ナカキンです。

先月から毎週更新されているボートレース住之江の新番組「スミノエクエスト」、ゲスト出演させていただいているのですが、ご覧いただいていますでしょうか。

先週の回で、僕が出演させてもらった分は最後となりましたが中々新しいボートレース番組となっています。次回以降は誰がゲストになるのかはわかりませんが、今後も楽しみにしたいと思います。

そんな今回のスミノエクエストの出演メンバーで、先週の土曜日に「G1 第48回高松宮記念特別競走」の3日目を生配信してきました。

この生配信でも感じたのですが、何周回ってもボートレースは難しい。そしてこのままではダメだと、何度も買い方を変えてしまうのです。本命を厚く買うのか、はたまた穴を少額で広く買うのか。このループに陥り、ずぶずぶと負けていくというのが常です。僕はそんなに軍資金を持たずして舟券を買うことが多いので、本命に厚く張るというのは中々できません。そのせいか、広めに夢を見て穴を買ってしまうのがここ最近の主流です。

こういう負のループに陥った時に僕がやるのは、敢えて穴を狙いたい時に本命を買う、もしくは本命を買いたい時に穴を買うという作業です。普段の思考の逆の舟券を買うことで、自分の悪い流れを断ち切るという自己暗示的な負のループを抜けるための作戦です。

ここ最近は1頭から買うのが本当に苦手になり、10倍以下の舟券を買うことが少なくなりました。逆に、中穴から大穴を広く夢を見て豆買いばかりしています。当然ですが、レースが荒れることを想定して買っているので的中すること自体が少ないです。この方法で今年に入ってから勝てない月が多く、収支もかなり下がっています。ではここらで、1頭からしっかり買って負の流れを断ち切ろうではないか、というわけ今回は久々の実戦回として厳選したレースを1頭からのみ買って、しっかり当てて邪気を払う回としたいと思います。それではいってみましょう。

 

舞台はトレンドのびわこにて。

1頭から買う。インが圧倒的に強いボートレースにおいて、それをしっかり予想して買うのが一番勝利に近い方法であることは重々承知しています。しかしながら、1頭以外がきた時に跳ね上がったオッズを見てしまうと人間誰しも欲深くなってしまうもの。そんな思いをグッと堪えて、今後のためだと自分を騙しながら1頭のみ購入してみました。実施する場は、現在「ボートレースコロシアム」が開催中のびわこです。なぜびわこなのかと言うと、全国24場の中でも当てにくく、難しい場であるとされているためです。

当てにくい=インが逃げにくい。そんな場でインからしっかり当てれるレースを見極めることができれば、他の場でも応用が効くはず。ぬるま湯で鍛錬するよりも、熱湯で体を慣らしてやろうという魂胆です。そんなわけで、9/3「第7回中日スポーツ杯」を1頭固定で予想しました。1〜4Rまではグッと堪えて見。5Rにチャンスは訪れました。出走表はこちら。

(ボートレース公式サイトより)

びわこには、「ゴゴイチびわこ」と言う企画レースがあります。このレースは1号艇にA1級選手を置いてインから買いやすくしているレースです。これはしっかりインから買える。と言うわけで1頭のみ購入。

金額は安めですが、的中させることが大事。この時の気持ちとしては、「ここ当たっても安いからあんまり嬉しくないなぁ…。」という本心でしたが、ここはグッと我慢。レーススタート。

(ボートレースびわこ公式サイトより)

1周1マークを周り、綺麗に1-234-234隊形となりました。これは当たる。結果は…。

3番人気の760円の配当で的中となりました。200円買っていたので、金額的には400円ほどのプラス。これでいいんだ、これで。そう自分に言い聞かせながら次買えそうなレースを虎視淡々と狙いました。

 

びわこには魔物が棲んでいる。

しっかりと企画レースを的中させ、次狙えるレースを探しました。見つけたのは第7R。

(ボートレース公式サイトより)

1号艇の丹下選手は、B1級ながらも前節の走りなどを見て狙えそうだった選手です。モーターも悪くないので、1-2もしくは1-4で買えそうだなと予想しようとしました。しかし、気づくと締め切りがすぎており、買えずにレースを見てみると。結果がこちら。

(ボートレース公式サイトより)

結果はA1級の大野選手のまくりで決まりました。買わなくてよかったと言う反面、やはりイン逃げばかりでは決まらない。びわこには魔物が棲んでいる、そんな予感がしたレースとなりました。その後の10Rの買い目はこちら。

結果がこちら。

インが逃げないのに払い戻しは安いそして当たらない。この負のループに陥りました。この日の12Rまでのびわこの結果一覧がこれ。

(ボートレース公式サイトより)

12R中5Rしかイン逃げが決まらず、びわこらしい一日だなと感じました。

こんな感じで1日無理をして、インからのみ買ってみましたが結果は散々なもの。穴狙いで外し続けた自分へのリハビリと思ってやってみましたが、やはりボートレースは難しいという結論に至りました。インから買うときはしっかりそこを厚く買い、穴を狙うときはしっかり広く安く買うという柔軟さが一番必要だと思い知りました。9月も何本か生配信のお仕事もいただいでおりますし、少しは成長したところを皆様にお届けできればなと思います。それでは今週はこの辺で、さいなら。

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

年間収支大公開! 今年の振り返りと来年の抱負を。

めおと舟 その69『初心者相手に調子に乗ったらすごい恥をかく』

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。

ボートレースの回収率と的中率とは。告知もあります。

これであなたも中級者。「新概念データ」を知っていますか?