G1初日はモーターに注目!? 波乱の展開に立ち向かうナカキン。

連載
ナカキンのボートレース体験記

みんな足合わせやってる? 秋が深みを増し、寒ささえ感じる10月半ばの月曜日。いかがお過ごしでしょうか、ナカキンです。

ここ最近各地で周年のG1競走が毎日のように開催されています。ボートレース公式サイトを見てみるとスケジュールがこんな感じ。

(ボートレース公式サイトより)

10月20日からは大村にてSGを控えながら、各地でアツいレースが毎日のように繰り広げられています。昨日からはボートレース丸亀にて「G1 京極賞 開設68周年競走」が開催されています。僕は基本的にG1競走の場合、初日のみ買うことが多いです。G1競走は実力者が集まる熾烈を極めるレースばかり。しかし、初日は引き当てたばかりのモーターをうまく活かせてなかったり、地元の意地で奮闘したりと様々な波乱が起こりがちです。やはりレースは本命決着よりも波乱含みの方が観ていても楽しいと、個人的には思いますので初日を買うことが多いんです。

そんな昨日も昼間に用事を済ませ、帰宅しテレボートにアクセスして丸亀の結果をチェックしてみると。

(ボートレース公式サイトより)

後半かなり良い感じに荒れているではありませんか。これはやるしかないということで、10Rから賭けてみることにしました。波乱だらけのG1初日、結果はどうなったのでしょうか。それではいってみましょう。

 

10Rからまさかまさかの展開に…。

波乱を期待して迎えた10R。出走表はこちら。

(ボートレース公式サイトより)

1号艇には銀河系軍団湯川選手に、2号艇には賞金王経験者桐生選手がいるこのレース。本来であれば1-2もしくは2-1を本線に買いそうなところです。しかしながらこの日は初日。やはりモーターの良し悪しで舟券を組みたいところ。そこで注目したのは3号艇上平選手。YouTuberとしても活躍するいろいろな意味でイケイケな選手です。毎節アップされるレース報告の動画がすごく良いので是非観てみてください。

 

この6選手の中では一番モーターの勝率が良く、前走でもしっかりと逃げを決めている上平選手から6点購入。

3-146-146と展開をついた4頭の4-1-全の計10点で購入しました。当然オッズもどれが来てもかなりつきます。ドキドキのレーススタート。

予想通り、モーターの良い上平選手が伸びる伸びる。トップスタートを決めまくりに行く格好です。注目1マーク、さぁどうなるか。

まくりに行った上平選手と内側2艇の間をまくり差そうとした5号艇の選手が接触。他の艇も巻き込まれ、まさかの4艇転覆となってしまいました。

(レース映像:ボートレース公式サイトより)

最終的に1号艇と6号艇のみとなり、レースは不成立。全額返金となりました。

選手に大事がなかったようなので安心しましたが、ここもまさかまさかの波乱となりました。G1の初日、恐るべし。気を取り直して次のレースへ挑みました。

 

迎えた最終12R、荒れる要素は盛り沢山。

10Rを返還で終え、11Rは1頭の本命決着で外れ。迎えた最終12R、出走表はこちら。

(ボートレース公式サイトより)

1号艇には峰選手。他5選手も一流選手ばかりで、さすがドリーム戦といったメンバーです。しかし、ここにも荒れる要素は大いにあります。まず注目すべきはなんといっても1号艇峰選手。現状艇界1といっていいほどの強さを誇る峰選手ですが、初日となると調整が合わずに逃げられない可能性も少なからずあります。そしてここで最も注目すべきは、好モーターを手にしている4号艇井口選手と6号艇茅原選手です。この2選手が機力を活かして万が一にでも頭をとることがあればレースは大荒れ。オッズも跳ね上がります。ということで、峰選手の頭も抑えながら5000円分、いっぱい舟券を購入。1、2、4、6号艇が軸ですね。

久々にこんなに多点買いしましたが荒れるレースを仕留めるためには、このくらい買わないとダメなんです。せめて抑えでもいいから的中してくれと願いながらレーススタート。

勝負の1マーク。予想通り、機力のある4号艇井口選手がまくり差していく展開。6号艇茅原選手も追従します。しかしながらやはり峰選手、華麗に逃げを決めます。

3号艇吉川選手とデッドヒート。ここで井口選手が抜け出します。

(レース映像:ボートレース公式サイトより)

最後までわからない白熱したレース展開ではありましたが、結果としてイン逃げからの本命決着。

なんとか抑えで買っていて的中。

少々ガミってしまいましたが、当たらないよりはマシです。結果として負けてしまいましたが、楽しい初日の3レースとなりました。

こんな感じで丸亀G1の初日のレースをモーターの良し悪しを中心に予想してみました。腕のある選手であればあるほど2日目、3日目と悪いモーターでもしっかりと調整してきます。モーターでの判断で荒れたレースを仕留めやすいのは個人的には初日だと思っているので、皆さんもこの方法でレースを予想してみてはいかがでしょうか。最終12Rの峰選手のようなモーターはあんまり関係なく、とてつもない腕で勝ってしまうことも多々ありますけどね。あ、そういえば本コラムで今年始まってからずっと言っている、「年間収支をプラスにする。」という目標ですが、ここ最近かなり上向いてきました。

1年通しての回収率は84%とまずまず戦えている数値。金額的にも捲れない額ではないので、今年が終わるまでの残りの2ヶ月でなんとかプラスに持っていけるように、日々予想の精度を上げていけたらなと思います。それでは今週はこの辺で。また次週!

 

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

夢のまた夢、10万以上の高配当を当ててみたい。

めおと舟 その69『初心者相手に調子に乗ったらすごい恥をかく』

イン屋VSアウト屋!世紀の対決の結果は如何に...

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。

ボートレースの回収率と的中率とは。告知もあります。

これであなたも中級者。「新概念データ」を知っていますか?