めおと舟 その80『ミヤギ道空手式舟券購入術』

連載
めおと舟

前回までのあらすじ──。
夫婦揃っての趣味を持とうと始めたボートレース。2019年、2020年と連続でトータル収支マイナスを叩いた夫婦が次に目指すのは「2021年の収支をプラスにする事」。今年こそはと胸に誓いつつも、コロナ禍で巣ごもり状態の二人は他にやることもないまま、代わり映えの無い日常を送るのだった。

大抵の自営業者がそうだと思うけども、ライター業もご多分に漏れず工程管理やら受注の制限、あるいは積極的な営業みたいなのがすげー大事でして、その辺のバランスが甘かったりそもそも何もやってなかったりすると、あっという間にカリカリに日照ったり、または逆に忙しすぎてパツンパツンになったりする。

まあカリカリなっちゃうよりかはパツンパツンの方が全然良いんだけども、オイラは現在珍しくそのパツンパツン期を迎えておりまして、先週くらいからまあまあ猛りつつ無心でキーボードを叩いておる次第。

寝ても覚めてもひたすら仕事。というのは達成感より先に精神がささくれ立つゆえ、作業の進捗をみながら「いまだ!」と思ったタイミングでパチスロ行ったり映画を観たりとストレスを溜めないようにしとるのだが、そういうタイミングに限ってとんでもなく面白い作品にぶち当たったりするんで何とも難しい。

「わたし先に寝るからね。ひろし徹夜でお仕事でしょ?」
「……うん」
「大丈夫? 眠くない」
「眠いけども、仕方ない……」
「適度に休憩するのよ?」
「うん……。ちょっとタバコ吸ってしばらくぼーっとする」

宣言どおりタバコを吸って、居間でコーヒーを飲みながら瞑想する。何となくスマホでNetflixのアプリを立ち上げそれから作品一覧を眺めた。これはオイラが忙しい時によくやるやつで、要するに本編をしっかり観る時間はないけども何となく娯楽が欲しい時にタイトルとあらすじだけ眺めて観た気になっちゃうという、高コスパなストレス発散法だ。

ふと、スマホを操作する手が止まった。とある作品の概要で思考がフリーズする。

「ベスト・キッドの続編だと……?」

ベスト・キッド。みなさんはご存知だろうか。というか現在30代以上の人しかほぼ知らんと思われるが、1984年公開のハリウッド映画である。監督は『ロッキー』のジョン・アヴィルドセン。オイラが小学生の頃むちゃくちゃ流行った作品である。

いじめられっこの主人公ダニエルくんが謎の東洋人ミスター・ミヤギにクラァティ(つまり空手)を教わり強くなってバンザイだぜ系の青春グラフィティなんだけども、のちにジャッキー・チェン主演でカンフー映画としてリメイクがされたことでも知られてる。というか、むしろそっちしか観たことない人も多いと思われる。もちろんオイラも劇場で観たけども「なんでカンフーやねん」というモヤモヤ感がどうしても払拭できず、ますます原作愛が強くなっただけで終わった。

何気に原作「ベスト・キッド」はその後「4」まで作られておるのだけどもとりあえず黒歴史になってる4を除き3までの作品をひとつのサーガとしてとらえ、そこから34年後の世界を描いた上で、なんと当時のキャストが当時の役を演じるという奇跡みたいな作品。それが続編である『コブラ会』である。

「おい、なんてこったよ……。この忙しい時に……。マジか……」

二時間映画だろうなと思って確認するとどうもドラマ形式らしい。全10話。それが3シリーズもある。なんてこった遊び半分じゃなくてガチのヤツじゃないか。ごくりと喉を鳴らす。ウィキで調べた所、どうもこれはシーズン2まではYouTubeの有料サービス限定公開の作品だったらしい。シーズン3からはNetflix限定。どうりで今まで目に入らなかったハズである。そっと背後を確認すると、はやくも妻・はるちゃんが静かな寝息を立て始めている頃だった。

やれやれ。全く仕方がねぇ。一本だけだぜ?

静かにテレビの前に近づき、ヘッドフォンを装着してスマホを操作した。『コブラ会』の第一話をタップする。ソニーエンターテインメントのロゴの後、懐かしの初代ベスト・キッドのラストシーンが映し出された。なんてこった。マジで当時の映像を使ってやがる。ますますガチである。

その時オイラの本能が声高に叫んだ。これはいかん! と。

すぐに再生を止め、大慌てでスマホを操作した。カラテ、で検索する。あった! 初代の『ベスト・キッド(原題:カラテ・キッド)』だ。

「あっぶねぇ、これはガチのやつだから、ちゃんと礼儀を通さないと……」

お祭り作ではない、ガチの続編はちゃんと初代から観るのが製作者に対する最低限の礼儀である。いきなり続編から観るのは上等なラム肉にジャムを塗って食うかの如き所業。文明人のやることじゃない。改めてスマホを操作して再生を開始した。ベスト・キッド。約二時間のガチ観覧開始である。

……そして、朝が来た。

「ワックスかける……拭き取る……息を吸ってェ、吐いてぇ……!」
「ミスターミヤーギ、こんなのに何の意味があるんだよ……」
「やってみせなさい! ワックスかける! 拭き取る! ハイィ! ハイィ!」
「!!?」
「次ィ! ペンキを塗る! ヤスリをかける! ハイィ!」
「オーノー……! これが……クラァティ……! ミスターミヤーギ!」
「ダニエルさん!」

我が家に空前のベスト・キッドブームが訪れていた。

「いやー、まさか朝三時に起こされて映画観せられるとは思わなかったわよ……」
「はるちゃん一回だからまだいいじゃん。あまりの面白さにリピードで二回観ちゃったからなオイラ」
「馬鹿ねぇ!」
「でも面白かったろ?」
「面白かった! でもこれ続編もガッツリあるのね。長いなー……」
「えーとね、一応2まで観たら大体大丈夫だと思う。仕事終わったら『コブラ会』観ようぜ」

こうしてオイラはその日やるべきだった仕事を完全にスルーしてしまったわけだけども、これが自営業者の悪いところでもあるし、また良い所でもある。つまり、ここから徹夜で仕事して巻き返す事ができるのである。

「いやーしかしミスターミヤギは良いこと言うなぁ……」
「なんか名言あったっけ?」
「ほら、クラァティも人生も、バランスが大事だって……」
「あー、言ってたわね。良いこというねぇ」
「うん。オイラ朝までガッツリ遊んじゃったから、こっからバランスとって仕事に集中する!」
「うん! しなさいしなさい……!」

椅子に座る。スタンバイモードから復帰したPCが小さな唸りをあげ、ディスプレイが輝いた。真っ白なままのテキストエディタに一瞬たじろみつつ、締切から逆算してやるべき作業の順番を組み立てていく。

数時間後。

「……ちょっとボートしていい?」
「……え?」

背後で作業に集中するはるちゃんが驚いたように振り返った。

「いや、バランスが大事だからさ……」
「ちがうよ、バランス関係ないよひろし」
「休憩……休憩……」
「なんで休憩で頭使う事するのよ……」
「バランス……バランス……」
「バランス関係ない!」

【1/27 江戸川 ジャパンネット銀行賞 9R】

「これ、江戸川だけど大村方式で1からマークを流すのが使えると思うのよね」
「間違いないねぇ」
「でもさ、ここはやっぱりミスターミヤギの教えを守りたいと思うんだ」
「もう意味がわからないよ……」
「つまり、バランス。4号艇の一瀬選手もおさえよう」
「それ、いつもやってる両面待ちじゃない?」
「ちがうんだ。それで、さらに2連複も買おうと思ってる」
「なして……」
「バランスだよ。やっぱ今まで3連単は3連単っつって固めて勝ってたけど、思うにオイラにはバランスが足りてなかったと思うんだよね。つまり、両面待ちの上に2連複も買って……」

【夫の予想】
1-234-234 6点 100円
4-123-23 4点 100円
1=4 1点 200円

「ひろし、買いすぎよ。12枚も入れてるじゃん。ガミるでしょこれ」
「3連単ハズしたらガミるね。でもうっかり4-3-2とか来たら万舟よ」
「こないよ。万舟こないのよひろし」
「分かんないじゃん。そこはバランスで……」
「バランス全然関係ないよひろし。目を覚まして!」

そして結果!

「ほら当たった!」
「うわー、2番人気よ……。え、これガミってない?」
「ええとね、3連単1-4-2で9.7倍。2連複1=4で2.4倍……。2連単には2単位入れてるから、合計で1450円。よっしゃ! 250円勝った!」
「あぶな! え、4頭入れてなかったらもっと勝ってない?」
「えーと、そうだね!」
「バランスが足を引っ張っとるよ! ひろし!」
「いやでも、もし4頭来てたらもっとドカーンと当たってるぜ」
「外れてたら負けも大きくなるでしょが!」
「えー、でもミヤギ道空手ではバランスの大切さを説いてて……」
「それはクラァティの話よ? ボートじゃないのよひろし」

【今期の収支(1/1~1/27)】

購入金額 36,700円
払戻金額 19,930円
収支 -16,770円
購入舟券数 28R
的中舟券数 8R
今期的中率 22% → 28%
今期回収率 49% → 54%

今週は5Rやって3R当たり。それにより的中率はグイッとアップ。回収率も伸びてきてるけど、例によってデカめに張ったレースで外してるんで収支のマイナスは増えてます。てか回収率やっと50%超えたなぁ。

あと今回のように1番人気と2番人気の両面待ち+鉄板の2連複で買うはオッズ高めの重賞とかだったらアリだと思うけども、一般レースの予選とかでやると高確率でガミるので辞めたほうが良いと思った。だったらもう穴を厚めに狙うとかの方が夢があっていい。これを「ミヤギ式」と名付けることにするけども、今後使わないかもしれない。

(挿絵:武尊)

著者プロフィール画像
あしの

浅草在住。猫とホラー映画とパチスロを愛する39歳。パチ7にて『インタビューウィズスロッター』連載中。『5スロで稼げるか?』(www.5suro.com/blog)の中の人。ボートレースはからっきし初学者ですが、自分自身で楽しみながらその面白さをお伝えしていきたいと思います。

人気記事

荒れるレースの条件とは。 3カド戦に企画レース?

ボートのデザインについてまとめてみたら色々と面白かった件。

年間収支大公開! 今年の振り返りと来年の抱負を。

やとわれ編集長 岡井のボート事件簿 FILE11 厳格養成所脱走事件

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。

SGにまつわる選手の話