「合成オッズ」を考えて舟券を組んでみよう。

連載
ナカキンのボートレース体験記

みんな全速スタートいけてる? 寒さも収まり、桜の木々が美しい3月終わりの月曜日。いかがお過ごしでしょうか、ナカキンです。

本コラムでも、何度かお伝えしていたボートレースびわこでの生配信企画「ボートレースコロシアム」。こちらが先日、全日程を終了しました。ナカキンの最終出演回のアーカイブはこちら。

 

この日は、チーム戦の優勝がかかる目前の一戦でした。僕がうまく勝ちきれば優勝はもう目の前といったところだったのですが、最終結果はこちら。

(ボートレースびわこ公式サイトより)

舟券が全く的中せず、12万負け。個人的なお財布事情としても痛いですし、何よりチーム戦で迷惑をかけてしまう結果となってしまいました。そして迎えたボートレースコロシアム最終戦はこちらから。

 

同じチームのマリブ鈴木さんと鬼Dイッチーさんでの最終戦です。これの最終レースがとんでもないことになっているので、是非まだの方は観てみてください。結果として僕の所属したインテリチームは2位で終了し、賞金50万円獲得とはなりませんでした。しかしながら、改めてボートレースの楽しさや難しさ、奥の深さを感じる良い機会となりました。またご縁があれば出演したいなぁと思います。

今回のボートレースコロシアムをやっていく上で、舟券自体の予想もそうですが「オッズ」というものを強く意識させられる局面が多々ありました。やはり回収率勝負で相手よりも上回らなければいけないので、常にオッズを意識し舟券を購入していかなければなりません。やはり舟券が上手い人はここの意識がかなり高い人だと思っています。当たったときにしっかりプラスを叩き出せる買い方をしていること、これがボートレースで勝っていく上で重要になることは言うまでもありません。

そこでオッズに対しての意識を高めていくために、とある試みを今回やってみましたので、紹介していきたいと思います。

 

「合成オッズ」という考え方。

オッズを語っていく上で「合成オッズ」という考え方があります。これは複数の買い目を買い目を合成した期待値はいくらになるのかといったオッズの算出方法です。この合成オッズを考えることで、面白いことが色々と見えてきます。例として3/29の徳山4Rで説明してみます。出走表はこちら。

(ボートレース公式サイトより)

インが逃げやすい徳山ですし、1号艇にはA1級谷村選手。普通に考えれば1-2もしくは1-3で決まりそうなレースです。仮に1-23-流で予想したとして、オッズを見てみましょう。

(ボートレース公式サイトより)

当然1-2は売れていますし、1-3もそれなりに売れています。では1-3-流の合成オッズはいくらなのでしょうか。この計算方法は難しいものではないのですが、ボタン1つで計算してくれる便利なサイトがあります。みんな大好き「競艇日和」さんです。

競艇日和より)

下の方に記載されてあるのが、1-3-流を購入した時の合成オッズです。これはあくまで期待値なので、1-3-6などの高配当が来ることもありますが、期待値的には5.86倍ということです。5.86倍の1点賭けをすることと同じ意味となります。では次に、1-3の2連単オッズを見てみましょう。

(ボートレース公式サイトより)

これを見てみると、1-3の2連単オッズは6.4倍。なんと1-3-流の合成オッズよりも1-3の2連単の方が高いのです。つまりこう言う場合3連単の流しを買うよりも2連単を勝った方が期待値的には高いということになります。これをオッズの歪みと言うのかどうかは定かではないですが、とても勉強になる考え方ですよね。では次項で、実際にこういう条件に当てはまるレースを探して実践してみましょう。

 

オッズの歪みで勝利を掴め。

合成オッズの考え方を理解したところで、いざ実践してみましょう。勝負レースはこちら。

(ボートレース公式サイトより)

3/29の芦屋の7Rです。全員B1級選手で一見難しそうですが、2号艇柳内選手はマイレーサー登録もしているお気に入りの選手。1-2で買いたいところ。締め切り後の1-2-流の合成オッズはこちら。

競艇日和より)

一方1-2の2連単のオッズはこちら。

(ボートレース公式サイトより)

これにより、オッズの歪みが発生し1-2-流を買うよりも1-2の2連単を買った方が良いことになります。それではレースを見てみましょう。

綺麗なスタート。2号艇柳内選手がスリットのぞいて、1-2で決まりそうです。

これは綺麗な1-2となりそう。そのまま。

(ボートレース芦屋公式サイトより)

最終的に4号艇富永選手に抜かされてしまい、外れてしまいました。当たらなければ合成オッズも何もないのですが、ある意味ドキドキしながら見れたレースとなりました。

と言うわけで今回は合成オッズと言う新しい見方でレースを見てみました。ただ予想をして賭けて当たった外れたで一喜一憂しているようでまだまだ半人前。しっかりと利益を出すと言うことにもっと焦点を当ててこれからもボートレースやっていきたいと思います。最後に、今年になって早くも約4ヶ月。僕の現段階の年間収支はこんな感じです。

若干上がってきましたが、まだ30万円ほど負けています。どうにか上半期でプラマイゼロラインまでは持っていきたいもんです。それでは今週はこの辺で、さいなら。

 

 

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

年間収支大公開! 今年の振り返りと来年の抱負を。

荒れるレースの条件とは。 3カド戦に企画レース?

「合成オッズ」を考えて舟券を組んでみよう。

SGにまつわる選手の話

展示タイムの計測方法は場によって違うのを知ってましたか?

ボートレース場のマスコットキャラクターを(一部)紹介!