良いかもしれないぞ。「1-全-56」の買い目について。

連載
ナカキンのボートレース体験記

みんなココロ奪われてる? 新年度が始まり、春の風が心地よい4月初旬の月曜日。いかがお過ごしでしょうか、ナカキンです。

4月に入ったということで、ボートレース業界にも様々な変化がありました。主には各場のコラボ企画のリリースです。驚いたのはボートレース下関。

(ボートレース下関公式サイトより)

ボートレースとはかなり親和性の高そうなカイジとのコラボ企画が発表されました。逆に今までコラボしてなかったのが不思議なくらいですが、ファンにとっては嬉しいコラボですよね。キャンペーンも色々あるようです。

(ボートレース下関公式サイトより)

コラボTシャツなんかもあるようですので、非常に楽しみですね。

そしてコラボといえばボートレース大村。今まで宇宙戦艦ヤマトや、ゴルゴ13とのコラボで話題となっていました。4/1に発表された2021年度のコラボ企画はこちら。

(ボートレース大村公式サイトより)

国民的ヒーローであるウルトラマンとのコラボ。これはまさかでしたね。先日「シン・ウルトラマン」の制作発表もありましたし、かなり盛り上がっていきそうです。公式HPもウルトラマン仕様に一新。

(ボートレース大村公式サイトより)

今までのコラボでもそうでしたが、やはり大村はこうしたインターネットの使い方が非常に上手くて面白いですよね。

そんな中僕も新年度ということで、気持ちを一新したいところ。今年が始まって数ヶ月経ちますがしっかり収支はマイナスです。最近の僕のトレンドはインからちゃんと舟券を組み立てて少し荒れた中穴を取ること。具体的な買い目でいうと「1-全-56」です。やはりボートレースはインが逃げる局面が多め。そんな中で少し荒れた中穴を取れた時が一番嬉しいという気持ちになってきています。前も言いましたが、この気持ちはコロコロ変わるので、来週には大穴党になっているかもですが。

というわけで今回は、一新されたボートレース大村で一新したナカキンが中穴を狙って舟券を買ってみましたのでそのレポートをしたいと思います。

 

出走表は関係ない、買うのは「1-全-56」のみ。

ちょうどこの企画を実施した日はボートレース大村の最終日。普段からインが逃げやすい大村ですが、特に最終日は逃げやすい傾向にあると思っています。というわけで冒頭でお伝えした「1-全-56」の舟券を10R〜11Rで購入。

出走表は見ずに無条件で、この買い目を購入しました。安いところもありますが、万舟近くの配当になるところもあります。先に舟券を買ってレースを見ることはあまりないので、ワクワクしながらまずは10Rを観戦。一応出走表です。

(ボートレース公式サイトより)

昨日惜しくも準優勝戦で敗退してしまったメンバーの特別選抜戦ですから、調子の良い選手揃い。しかも1号艇はA1級の小野選手。イン逃げは堅そうです。少しよれて5.6号艇が入ってくれば当たりです。それではレーススタート。

スタートはしっかり揃いました。そうこれでいいのです、あとは3着に5.6が入るだけ。

6号艇以外の4艇がごちゃつきながらターンマークを旋回。もうちょいもうちょい!

2マークでもドキドキさせてくれるこの買い目。名案かもしれません。

(ボートレース公式サイトより)

最終的に1-2-4の本線で決まりましたが、ドキドキしながら観れる素晴らしいレースでした。本線に厚く張って不安な思いをしながら観るよりも精神的にも良いかもしれません。外れはしましたが、なぜかすっきりとした気持ちで次のレースへ。

 

迎えた11Rと12R。まさかまさかの結果に。

やはりこの買い目は素晴らしい。そう考えながら迎えた11R。出走表はこちら。

(ボートレース公式サイトより)

このレースも10Rと同じようなイン逃げが濃厚そうなレース。同じく買い目は「1-全-56」です。レーススタート。

こちらも綺麗に揃ったスタート。若干アウト勢が遅れてますが頼む。

1マークで綺麗に5号艇が差して浮上。これこれこれ、これだよ!!!

あとはしっかり回って3着に5でいいんです、お願いします。

(ボートレース公式サイトより)

最終的にしっかりと1-2-5での決着。予想でもなんでもないですが、ただただ「1-全-56」が刺さった気持ちよさを感じることができました。肝心の配当はというと。

え……?

終わってみれば2番人気の720円。1-2が売れすぎていたためにかなりの安い配当となってしまいました。こうなっては本末転倒。中穴を狙うためにこの買い方をやっているのですから。当たることはいいことなので、この勢いのままに12Rへ。

(ボートレース公式サイトより)

優勝戦ですからここもイン逃げ濃厚なレース。またしても1-2の本線がかなり売れていますので、少しよれたら中穴となりそうです。もちろん買い目は「1-全-56」です。レーススタート。

ここはしっかり逃げてもらわないと困るレース。が、4コース君島選手のスタートがすごい。あれ。

あ……。これはダメなやつ。

(ボートレース公式サイトより)

終わってみれば大荒れで6万舟。中穴は期待しましたが、ここまでの大穴は求めてませんでした。何はともあれ、こういう特殊な買い方でボートレースを違った角度で見てみるのはやはり楽しいものです。がしかし、最終レースの大荒れを見せられたらやはり穴党になろうかとまたしても気分が変わりそうです。こうしてコロコロスタイルが変わるのが収支をプラスにできない原因なのかもしれません。

それではみなさんまた次週!さいなら。

 

 

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

ボートレースの回収率と的中率とは。告知もあります。

TERU#23

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。

やとわれ編集長 岡井のボート事件簿 FILE11 厳格養成所脱走事件

めおと舟 その94『こういう時代もあるカポネ』

荒れるレースの条件とは。 3カド戦に企画レース?