投資よりも簡単!? ボートレースで年7%の利回りを目指してみた。

連載
ナカキンのボートレース体験記

みんな養成所何期生? 各地で梅雨入りとなり、ジメジメとした5月半ばの月曜日。いかがお過ごしでしょうか、ナカキンです。

来週25日からボートレース若松にて、ボートレースオールスターですが公式サイトの方で面白そうなキャンペーンが実施されています。

(ボートレース公式サイトより)

初日のドリーム戦の3連単BOXを予想して、的中したら豪華景品が貰えるといったもの。定期的にボートレース業界ではこうしたキャンペーンが行われていますが、予想をして当たった方にという形式は珍しいかもしれません。

僕はガチガチの本線であろうこちらの124BOXで応募してみました。本来のボートレースよろしく穴目のBOXを狙えば、的中者が少なくなり当選する確率も上がるであろうと考えられます。当然応募は無料なので、皆さんもぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ところで先日アップした本コラムのこちらの記事(ボートレースでFIREを達成し早期リタイアするという妄想をしてみた。)なのですが、読んでいただけましたでしょうか。この記事について少し反響がありまして、FIREなんて考え方があるんだねと、数人の方からコメントをいただきました。記事の内容は置いておいて、FIREという考え方は非常に興味深く、その後も色々と調べてみたのです。するとこんなYoutube動画にたどり着きました。

 

FIRE(経済的自立による早期リタイア)を実現させるための、爆速ステップという題名がつけられたこの動画。内容としては、毎月の貯蓄額を増やしさらには副業もして、多くの貯蓄を米国インデックスファンドなどにと投資して、運用していけば早期に経済的自立を果たせますよといったものです。僕は投資の知識などは全くないので、初めて学ぶ感じで色々と勉強になるなぁとボーっと見ていたのですが、途中こんな説明が流れてきました。

(バフェット太郎Youtubeより)

「S&P500ETF」とは、金融商品の呼称で難しく考えることはないです。この動画での説明は、この「S&P500ETF」に毎月50万円投資していれば、年平均7%の利回りが得られて、続けていけば15年後には1億円貯まりますよといった話みたいです。これで学んだことは、当たり前ですが投資と言えど瞬時にお金が増えていくわけではなく、このようなパフォーマンスの高い金融商品に投資をしたとしても年間の利率は7%程度であることです。継続は力なりで、これを続けていけば多額の貯金を作ることは可能なのかもしれません。

そんな難しいものを眺めていると、お気楽な僕はふとこんなことを考えました。「投資をしても年に7%しか増えていかない、ボートレースであればもっと簡単に増やすことができるのでは」と。周知の事実ではありますが、ボートレースで勝つことは非常に難しいこと。しかし、軍資金の7%増やすという目標であればなんか出来そうな気がしませんか。例えば、5,000円の軍資金を7%増させるのであれば350円勝てば良いのです。5,000円使って350円勝つ…。そんな意気込みでボートレースに挑んだことはありませんでしたが、なんだか今日はイケそうな気がします。というわけで投資よりも簡単にボートレースで7%の利回りを実現するというのをやってみましたので、是非ご覧ください。

 

万舟なんぞいらない。欲しいのは安定した利益のみ。

ボートレースという公営競技と投資を混同して考えてはいけませんが、あくまで今回は投資と考えて、資金の7%の増幅を狙います。といったわけで、軍資金いや投資金の5,000円を入金。

決して1Rで達成させる必要はありません。今日という日が終わった時にこの5,000円が5,350円以上になっていれば良いこととします。そんな中見つけたのはG1開催中の平和島8Rです。

(ボートレース公式サイトより)

G1ということもあり、オッズも割れていますので少額でも当たりさえすれば良い配当が見込めます。しかも今日の目標はわずかプラスの350円。高いリターンも狙わないので手堅く2連単でいきましょう。そんな僕の買い目はこちら。

どこが来ても+350円以上になる買い目です。さぁ、明るい未来のために自己資産を増やしていこうではありませんか。レーススタート。

スタート後先に回ったのは、2号艇瓜生選手。ここに1号艇もしくは4号艇が続けば当たりです。

しかしバックストレッチで伸びてきたのは、3号艇。これはまずい。

(ボートレース平和島公式サイトより)

最終的な結果はこちら。

大荒れ万舟となってしまいました。投資の世界でも、株式の大暴落はありますから上がったり下がったりだと考えれば納得はできます。市場はまだ開いている! 気を取り直して次のレースへ。

 

負債が増えればリスクも増える。まさかの1点買いで…。

先ほどのレースで1,000円を失ってしまったので、目標の+350円まではここから1,350円の利益を生まなくてはなりません。こうして外れていくごとにリスクは増えていくので、早めに当てて今日の利益を確定させたいところ。そんな中見つけたのはこのレース。

(ボートレース公式サイトより)

唐津の12Rです。ここは選抜戦ということもあり、節の実力者が揃います。注目は2号艇深川選手ですが、1号艇郷原選手はスタートも早く、先マイでしっかり1着を取るだろうと考え、この1点に絞りました。

1-2の2連単1点賭けです。もうここしかないでしょう。仮にこれが外れてしまうと負債は2,000円。さらにリスクが高まります。それではレーススタート。

綺麗なスタートで予想通り郷原選手がトップスタートを決めます。そのまま綺麗に回って欲しい。

そして1マーク後、展示と言わんばかりの綺麗な1-2-3隊形に。

(ボートレース公式サイトより)

最終結果はこちら。

払い戻しはこちら。

見事1点で仕留めることに成功しました。一応プラスになったので、ここまでの利回り(?)を計算。

投資金:5,000円 回収額:5,300円 利回り:6%

少しオッズが下がったことにより目標の+350円とはなりませんでしたが、+300円の資金が6%増という結果になりました。このままやり続けていてもいたちごっこな気もするので、今日はここで辞めることに。ボートレースで考えれば+300円は決して誇れるものではありませんが、これをさらに投資金として毎日同じことを続けていればいつの日か僕もFIRE(経済的自立による早期リタイア)が達成できるはずです。たぶん。

最後に仮に1億円貯めるために今日のようなボートレースでの運用をどのくらい続ければ良いのかを計算してみました。金融電卓(積立シュミレーション)ものを使いました。

(SMBC日興証券より)

毎月5,000円、今後76年間6%の利回りでボートレースで運用できれば手元には1億円のお金が得られるといった計算だそうです。76年後、僕は104歳…。早期リタイアとはなんだったのかと思い知らされる結果となりました。何はともあれ、何事もコツコツ継続していくのは大事なこと。あまり難しいことは考えずに、楽しくこれからもボートレースやっていけたら良いなと感じた1日でした。それでは今週はこの辺で、さいなら。

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

年間収支大公開! 今年の振り返りと来年の抱負を。

荒れるレースの条件とは。 3カド戦に企画レース?

「合成オッズ」を考えて舟券を組んでみよう。

SGにまつわる選手の話

展示タイムの計測方法は場によって違うのを知ってましたか?

ボートレースで勝ちすぎた人へ。税金について調べてみた。