めおと舟 その102『梅雨時のボート予想』

連載
めおと舟

前回までのあらすじ──。
夫婦揃っての趣味を持とうと始めたボートレース。2019年、2020年と連続でトータル収支マイナスを叩いた夫婦が次に目指すのは「2021年の収支をプラスにする事」。今年こそはと胸に誓いつつも、コロナ禍で巣ごもり状態の二人は他にやることもないまま、代わり映えの無い日常を送るのだった。

今年は関東地方の梅雨入りがすげー遅かった。まあ毎年遅いだの早いだの言っとる気がするけども、ニュースでも遅い遅いと言っているのでまあ、遅いんだと思う。オイラは自宅勤務なのでいくら雨が降ろうが槍が降ろうがあんまり影響はないんだけども、大変なのはボートレースだ。

つまり荒れるのである。ドシャーン!

まあ実際にボートに乗ったことがあるわけではないのであくまでも予想&調べた限りの話になるけども、「雨の日」にはボートレースにはこんな影響が出る。

1.視界が悪くなる(スタートが難しくなる=イン有利)
2.水面が悪くなる(安全板着用になりやすくなる=イン有利)
3.風も出る(風向き次第)
4.モーターの出力も変わる(アウト有利)

これ見ると「イン」「アウト」どっちも影響があるのが分かる。

一応解説すると、まず1は漫画「モンキーターン」でもあったけども、選手は大時計を見つつ、針がどこを指してる時に自分がどこにいるかを「景色で判断しつつ」スタートを切っておるそうな。んで彼らがかぶるヘルメットのバイザーには当然ワイパーなんかついてないので(ついてたらおもろい)雨の日には極端に視界が悪くなる。要するにスタート難易度が高くなるわけだ。こうなると当然スタートに近い方が有利になる。

2の水面に関してはイン・アウト両方に影響がありそうだけども、あんまり荒れると「安定板着用」になってしまう。こうなると水の抵抗が増えてトップスピードが落ちるためスローペースなレースになる。アウトがマクるのには絶対条件として「トップスピードで回る」のが必要なので、インは余裕を持ったレースができる。イン有利だ。

3は正直風向き次第。向かい風ならアウト有利、追い風ならイン有利だ。

んで問題なのは4だけども、これは「湿気があるとモーターの出力が下がる」という説に基づくもので、正直どの程度の影響か分からんものの、本当ならかなり強めにアウト有利に働くと思われる。だってイン側は短い距離でトップスピードまで持っていかないとスタート決まらないからね。スピードに乗らずにスタートしちゃうともうその時点でレース終了だし。

とういわけで冒頭に戻るけども、雨の日のボートレースは荒れるのである。なので最低限「直前情報は見ないとダメ」だ。これ大事! ドン!

そして荒れるということはイコール「オッズが付く」という事でもありまして。筆者みたいな回収率の悪さに藻掻いとる負け犬にとってはプラ転の大チャンスでもあるのだ。ここでブチ当ててどげんかせんと、ぶっちゃけ年内にプラ転はキツイかもしれん。大穴狙いばっかになる。

【6/26 江戸川 第46回スポーツニッポン杯 12R】



▲画像はボートレース公式サイトより

はい以上を踏まえてコチラのレース。アウト側に山本修一選手と平尾選手。山本選手は2つ前の出走で5枠から1着をもぎ取りに連勝中。風向きはかなり強めの7メートルだけど安定版は不使用。そして当日は小雨がたまにパラ付く感じなので湿度は高め。

「さあこれどうする!」
「ンー。これ風が強いのが一番影響強そうねぇ」

久々にはるちゃんと一緒に予想だ。

「いちおう全部分けて考えると、雨はほぼ無いんで影響なし、水面波高5センチでやや悪だけど安定版はナシ……。風はイン有利……。湿度はアウト有利?」
「湿度の影響が分からないのよね。いままで考えたことなかった……」
「オイラも。マジで影響あんのかね」
「どうだろう……」

はるちゃんが部屋の中で全力稼働中の除湿機のデジタル表示を確認する。

「今室内の湿度が65度だって。部屋の中のほうが高いと思うんだよなあ今」
「外の方が高くね? 除湿機全開で65でしょ」
「わかんない……。同じくらいと仮定しよっか。65って高いよね」
「高いね」
「じゃあ、アウト有利?」

二人で腕を組んで考える。

湿度の影響がどの程度か分からんが、調べた限りではそれなりに影響しそうな感じもする。だとするとアウトにとって好材料だけども、風向きはどう考えてもイン。

「あ、てかさ。これモーターとかペラの調整ってもしかして湿度とかも対応させてんじゃない?」

ボートレーサーは5日間のレース中に与えられた状況を改善するために諸々調整するそうな。今まで「調整って何すんねん」と思ってたけど、「湿度対策」ももしかしたらあるのかもしれない。とかんがえると……。

「おいこれ優勝戦ぞ!」
「あー、もうバッチリ調整してるね」
「湿度あんまり気にしなくてよくね?」
「じゃあ風向きだけか! だとしたらもうこれ、インで固めよう!」

確認すると、1-2-3のオッズがその時点で14倍。一般レースの優勝戦の、しかも猪木買いでこれはまあまあ良さげだ。

【夫の予想】
1-2-3 1点 500円

「よし、ちと1-2-3に5百円ブチ込むわ!」
「おう! 頑張って!」
「……あれ、はるちゃんは?」
「わたしはいいや! 何か外れそうな気がするし!」
「何だよ! 当たるってば。これほどしっかり予想したら全然大丈夫よ!」
「いや、大丈夫。大丈夫……」
「いやいやいや……」
「いやいや……」

結果!

「ぬはー! 惜しい!」
「ほらー。外したぁ」
「てかこれインが強いつったって1-2まではまあ良いとして3着はどれが来てもおかしくないよな……」
「てか4枠が山本修一選手なんだから、1-2-4買わない?」
「いやー、ほんとソレだな。もう全然選手見てなかったわ。風と湿り気しか考えてなかった」
「だめよ! ちゃんと考えて選手。一番大事よ! ひろし風と湿り気ってなったらそれしか見ない所あるから。ちゃんと総合的に見て!」
「風と湿り気……」
「選手もよ!」
「と選手……」
「そう!」

ともあれ、今まであんまり考えてなかった「湿度」というファクターを得て、ちょっとだけ「モーターの調整」とか「直前情報の見方」みたいなのがレベルアップした気がする。

日々是精進也。梅雨のレース、狙っていきます!

【今回の収支(1/1~6/30)】
購入金額 298,300円
払戻金額 179,260円
収支 -119,040円
購入舟券数 348R
的中舟券数 77R
今期的中率 22% → 22%
今期回収率 62% → 60%

はいまた回収率下がったァ! 的中率が下がらず回収率が下がるの一番下手くそだと思う。我ながらファイティングポーズ取ってないコレ。アカンなー。ちなみに関東甲信越地方の梅雨入りは例年より7日遅く6月14日ごろでありました。昨年の梅雨明けは8月1と鬼遅く、それに習うとこれを書いてる段階からまだ一ヶ月程度は梅雨が続く模様。ソレまでに馴れたいぜ! 悪天候のレース予想!

また次回!

(挿絵:武尊)

著者プロフィール画像
あしの

浅草在住。猫とホラー映画とパチスロを愛する39歳。パチ7にて『インタビューウィズスロッター』連載中。『5スロで稼げるか?』(www.5suro.com/blog)の中の人。ボートレースはからっきし初学者ですが、自分自身で楽しみながらその面白さをお伝えしていきたいと思います。

人気記事

荒れるレースの条件とは。 3カド戦に企画レース?

ボートのデザインについてまとめてみたら色々と面白かった件。

年間収支大公開! 今年の振り返りと来年の抱負を。

やとわれ編集長 岡井のボート事件簿 FILE11 厳格養成所脱走事件

ナカキン流展示航走の見方を紹介します。

SGにまつわる選手の話