初心に帰り、スタートタイミングだけで予想してみた。

連載
ナカキンのボートレース体験記

みんな前付けレース、絞ってる? 寒ささえ感じる10月中旬の月曜日。いかがお過ごしでしょうか、ナカキンです。

昨今、ボートレース業界で話題になっている「ミッドナイトボートレース」がいよいよ今月の20日から下関にて開始されます。

(ボートレース公式サイトより)

ミッドナイトボートレースとは、本来の時間より最終レース終了時間を遅らせてより多くの方にボートレースを楽しんでもらおうという試み。やはりデイよりナイターの方が舟券は売れますし、その時間がさらに遅くなればもっと多くの方が楽しめるはずです。下関を皮切りに、全5節開催されるようですので、今からワクワクしますよね。良い風に捉えれば、どこかの場の最終レースで負けていたとしても、ミッドナイト場ではまだレースが開催中。負けを取り戻すことが可能です。悪く言えば、さらに負債が増えてしまう可能性もあるのですが…。

何はともあれ、長い時間ボートレースを楽しめることは素晴らしいことなので20日の下関から早速見てみようと思います。

そんな最近、ボートレースの調子がまたしてもふるいません。ふるったことがあるのかは疑問ですが、賭けども賭けども上手いこといきません。こんな時は原点に立ち返ろうと、今回ある試みをしてみました。その模様をお届けします。

 

スタートタイミングの重要性

ボートレースは、フライングスタート方式という独特なスタート方式を採用しています。

(ボートレース公式サイトより)

このスタートタイミングがレースの行方を一番左右すると言っても過言ではありません。トップレーサーは当然速いですし、勝つ選手ほど速いスタートを決めてレースに進んで行くことが多いです。フライングをしない範囲で、スタートさえ速ければ、どのコースでも1着を取れる確率がぐんと上がります。当然その後のターン技術やレース運びも重要なのですが、全ての始まりはスタートにあります。

そこで、原点に立ち返ろうとしている僕はこう考えました。

「余計なことは考えずに、スタートが速い選手だけ買えば当たるのでは。」と。自称中級者になると、余計な知識が邪魔をして、シンプルな予想ができなくなるのは誰しも経験していること。案外何も考えずに、スタートタイミングという情報だけで予想すれば当たるんじゃないでしょうか。そうとなればすぐ実行。狙えそうなレースを探します。

 

スタートタイミング予想の結果やいかに。

まずは大村9R。出走表はこちらです。

(ボートレース公式サイトより)

この出走表の「平均st」というのを見ると、各選手のスタートタイミングがわかります。このレースだと、5号艇岸本選手がもっとも速く0.16。次いで、2号艇嶋田選手、4号艇真庭選手、6号艇福田選手が0.17となっています。ここから導き出した僕の予想はこちら。

そして結果は…。

オッズが高いところを狙った挙句はずれ。1-2-4と、しっかりスタートタイミングの速い選手たちで決まりました。スタートタイミングで狙うというのはあながち間違ってないのかもしれません。挫けず次のレースへ。

そして選んだのは、大村12R。優勝戦です。

(ボートレース公式サイトより)

さすがは優勝戦。先程のレースと比べると、全体的に皆非常にスタートタイミングが速いです。ここはシンプルに0.13とスタートタイミングが速い3選手を選び、ボックス買い。

お金がないので、ここも100円ですが万舟なんかもあり、ワクワクする買い目です。果たして、原点に帰ったスタートタイミング予想の結果やいかに。

全体的に揃ったスリット。しかし、予想通り1,2,4号艇の選手が若干前に出ているような…気がします。

しかしこの中では一番スタートの遅いであろう3号艇百武選手がまくりに構え、有利な状況に。

あ…。

(ボートレース大村公式サイトより)

1-3-4で見事にはずれ。まさかのスタートタイミングという視点では真っ先に外していた百武選手が2着に来てしまいました。仮に2号艇、4号艇の選手がさらにスタートを決めていたのなら違う結果になっていたのかもしれません。

というわけで、原点に帰りスタートタイミングのみで予想する結果でございました。当然わかっていることですが、ボートレースの予想には様々な要素が必要です。その中の一つとして、スタートタイミングに注目するのは良いことですがもっと総合的に判断しないと、中々的中は難しいということを再確認しました。

こうして何度も原点に立ち帰り、学び直して強くなっていくものです。またしても原点に立ち帰る日はいつになるのか、案外すぐ訪れそうです。それでは今週はこの辺で、さいなら。

 

 

著者プロフィール画像
ナカキン

野生からうちいくTVへと舞い戻ったならず者です。 パチスロ、ボート、麻雀と日々ひりつきを求めて生きてます。 世間からクズと呼ばれていますが、未だに自覚はありません。 今年こそは年間収支プラスを求めて日々奮闘中。

人気記事

年間収支大公開! 今年の振り返りと来年の抱負を。

荒れるレースの条件とは。 3カド戦に企画レース?

「合成オッズ」を考えて舟券を組んでみよう。

SGにまつわる選手の話

展示タイムの計測方法は場によって違うのを知ってましたか?

ボートレース場のマスコットキャラクターを(一部)紹介!